スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人保健施設「みどりの杜」10周年パーティ

私の専門分野の一つは・・・実は高齢者福祉である。
この分野では、県議会で誰にも負けないという自負がある。

私は平成11年2月22日、横浜市緑区西八朔町に老人保健施設「みどりの杜」を開所させ、事務長として、介護保険制度施行を跨ぐ5年間に亘り勤務、実際に、介護の現場で働いていた。

そして、時はあっという間に流れ、本日は、みどりの杜開設10周年パーティ。

今日のパーティには、地元自治会、ボランティアの皆さん、理事・評議員、職員など100名余りが集まってくれ、私は理事長代行として、主催者としての挨拶を行い、関係各位に心から感謝の言葉を述べた。

「みどりの杜」は横浜市の中で10番目にできた老健なのだが、今は市内だけで60箇所ほどの老健が建っている。私は、他の老健のお手本となるべくこの施設を運営してきたが、実際に皆様から高い評価を現在いただいている、と手前味噌だが、思っている。

その証左として、今、介護人材が不足していて離職率も高いと言われるこの業界にあって、現時点で、人員の不足もなく、オープン当初からの勤続10年の職員が11人もいる。しかも、介護スタッフの正職員29人のうち22人が介護福祉士の資格を有し、6人がケアマネの資格も有している。また、社内結婚した2組の夫婦が、施設で働いてくれている。

そして今でも、盆踊りや何かのイベントの時には、「みどりの杜」を退職した元職員達も子連れで遊びにやって来てくれる。

良い施設とは、職員がずっと働いていたいと思える施設だと、私は思う。

同時に、私は本当に良い職員に恵まれたと心から思っているが。。。

私は、介護をめぐる社会状況について、こう思う。
即ち、
介護スタッフが集まらないのは、きつくて給料が安いからだけではない。
ましてや、介護保険制度が悪いからではない。
施設運営者の理念と良い職場作りという事にも大きな責任があるのだ。

ついでに言えば、政治家や行政の責任として、ただ施設を増やせば良いというものでもないのだ。

高齢者介護は今後の日本において、重要な課題である。
私は、介護の現場にいる者として、これからも、必要な提言を行っていくつもりである。

写真は、「みどりの杜」初代施設長の横山剛先生がご挨拶されているところです。
みどりの杜10周年式典



スポンサーサイト

「自民党横浜市連 新春の集い」で思わぬ激励を・・・

本日はみなとみらいにあるパンパシフィックホテルにて、自民党横浜市連主催の新春の集いが開催された。
会場一杯のお客様・・・およそ2000人?が来訪され、世情とは裏腹に大盛況のようであった。
私も自民党横浜市連所属の県会議員だが、本日のイベントはあくまで市会議員が中心であるので、今日は顔見知りの方々と親交を深めることに重きをおいた次第である。

そんな中、私の県議会での受動喫煙防止条例に対する活動を知っている市会議員達が次々と声をかけてくれ、横浜市会として何か応援できないか考えていると言ってくれたのは非常に嬉しかった。
特に私と同様にタバコ問題の専門家である田野井先生(港南区)、古川先生(旭区)とは、がっちり握手をしたことは言うまでもない。

改めて、自民党横浜市会の方が、間違いなくタバコに対する世論を正確に受け止めていると実感した。

おかげで、県議会で、少々、くじけそうな気分になっていた私も、再び、戦闘モード復活である。

下の写真は県庁内の某所にある休憩所です。灰皿は、ひっくり返すとオブジェになります。by K

灰皿オブジェ




受動喫煙防止条例について(リベンジ版)

先日、諸般の事情によりこのテーマの文章を削除したが、今回は中身をリニューアルして、私のこの条例に対する思いを再び述べたい。

尚、内容は、地元の「あおばタイムズ」で私が毎月連載している青葉区随想から大部分転載したものとなるが、ご了解いただきたい。


 「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例(案)」が現在、全国から注目されているが、この条例案について、私の考えを述べてみたいと思う。

 そもそも私はタバコを吸わない。小中学校の頃、まだ国鉄列車内でタバコが吸い放題だった時代、列車内に充満していた不快な臭いが原体験となって、一度も吸ったことはない。

 そして時を経て、私は、今から6年前、議員になった最初の年の本会議で神奈川県政史上初めてタバコ問題を取り上げ、それ以来、毎年違った視点でタバコ関連の質問を続けてきた。それは、全国で平均寿命が一番長く、それと連動する形で喫煙率が最も低く、健康志向の強い先進的な青葉区選出の議員として当然の言論活動だと思っている。

 私の影響があったか分からないが、松沢知事は2期目の御自身の選挙マニフェストの第一番目の公約に「公共的施設における禁煙条例」を掲げて当選された。そして、県は昨年4月から本格的に議会や県民、関係団体からの意見を聴取し、名称も「禁煙条例」ではなく「受動喫煙防止条例」へと内容の修正を重ねながら、平成21年2月議会に条例案としてようやく提出するにいたった。

 日本は世界130カ国が参加しているWHOのタバコ規制枠組み条約を批准しているが、これは謂わばタバコによる健康被害を減少させる為の地球規模での政策である。この条約は、タバコの消費量を減らし、同時に受動喫煙の害を無くす等を目的とした国際条約であり、それ故、台湾では、この世界不況下の中でも、ホテル・レストラン・バーなど3人以上集まる公共的な場所を原則禁煙とする「煙害防止法」という法律が先月施行されている。

 しかし、日本はJTの株式を財務省が50%以上保有し、タバコ業者を保護育成するタバコ事業法という法律もブレーキとなり、ほとんど条約の履行が進んでいない。だからこそ、この国の将来の為に神奈川県が先鞭をつけるという大義が、この全国初の条例にはあるのだ。周辺の議員に、たとえ賛同者がまだ誰もいなくとも、私はこの素晴らしい条例案を通すべく、良識ある県民の大きな世論の代弁者となって、最後まで信念の活動を展開していくつもりである。

李登輝先生と

県議会議員等に聞く市民公開シンポジウム

去る2月14日、県民センターにおいて「受動喫煙防止条例」についての市民公開シンポジウムが開催された。
実行委員長は、藤沢の長谷先生(医師)であり、光栄にも、私はパネリストの一人として参加させていただいた。
当日は、告知から短期間であったにも関わらず、約90人の聴衆が集まり、会場はほぼ満杯状態。
マスコミ各社も多く取材にきており、この条例に対しての関心の高さがうかがわれた。

また、私が尊敬している横浜市会議員で「がん対策」についての専門家である田野井先生が熱心に最後まで傍聴されていたことも非常に嬉しかった。

当日の様子は、翌日の新聞等でも報道されているのでご参照願いたい。(神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivfeb0902344/

さて、シンポジウムでは会場の皆さんと様々な質疑が行われたが、私が非常に参考になったのは、弁護士である岡本先生の「この条例施行後、飲食店等から売上げが下がったと苦情や訴訟が起きた場合、県の責任はどうなるか」という質問に対する答えである。
①まず、売上げ減少がこの条例によるものだと証明されるかどうかの問題がある
②憲法上、財産権や営業の自由については、県民の健康という公共の福祉の為の制約は当然受ける・・・即ち、県民の健康の方が優先されるということ

シンポジウム終了後、関係者と会場の希望者を含め、禁煙居酒屋「ありあ」で打ち上げを開催。
こちらの店も、満杯状態となったことは言うまでもない。

写真は、シンポジウムの長谷実行委員長が挨拶されているところです。
2月14日シンポジウム


建国記念日に・・・

建国記念日は、毎年、各地で建国を祝う式典が行われると同時に、建国記念日そのものを認めない団体の大会があちこちで行われる日である。

今年は、皇紀2669年。

私は、例年は、県内で行われる日本会議等が主催する建国記念の式典に当然参加するのだが、本年は、詩吟コンクール出場のため、当日は鶴見公会堂にいた。

私は、4年前から日本美風流吟詠会に入会し、現在、三段。
詩吟を始めて、地声が太く大きくなり、日々の政治活動に大変役に立っている。
政治家諸氏には、是非、嗜みとして詩吟をお奨めしたい。

さて、当日、第21回横浜市吟剣詩舞道連盟発表大会が開催された中で、合吟コンクールが行われた。(ちなみに詩吟の大会では、必ず最初に国歌斉唱が行われる。詩吟をやっている人全員が歌う国歌斉唱はものすごく荘厳で、おそらく日本で一番素晴らしい国歌斉唱なのではないかと、いつも思う)

そして、今回のコンクールには、5人一組で16チームがエントリーしていたが・・・

私のチームは準優勝という素晴らしい結果であった。

詩吟は、今、変なお笑いタレントがネタとしてやっているが、実際に、力を込めて漢詩を何度も何度も吟ずれば、古人の心情が不思議と、熱く伝わってくる。
それに、腹式呼吸で、健康長寿に間違いなくつながってもいる。

私は、吟題として、西郷南洲や吉田松陰などの作品が当然ながら好きである。

彼らに少しでも近づきたいと、私は今日も、車の中で、詩吟の練習である。

詩吟大会

受動喫煙防止条例について

これまで暖かいコメントをいただいた皆様、本当にありがとうございます。
大変、自分自身の励みになりました。

しかしながら、諸般の事情により、2月16日時点で、これまで掲載のブログ文章は削除することとなりました。

この件についてのお問い合わせは、直接下記HP経由でメールをいただければと思います。
(私のHPは、まだまだ工事中が多いですがご了承ください)

http://www.kojima-kenichi.com/


小島健一 拝





田母神閣下と・・・

本日の昼食は、前航空幕僚長の田母神敏雄氏とご一緒した。

というのも、
私は、超党派の地方議員の組織である草莽全国地方議員の会の副会長を仰せつかっており、本日はその幹事の集まりであって、ゲストとして田母神閣下をお迎えしたのである。

私は前々から、地元のミニコミ誌においても、政府による田母神氏の更迭はおかしいと述べてきており、本日は、よりその思いが深まった食事会であった。一言で言えば、この国を愛し、自衛隊を愛し、まじめに勤務に精励する人間を誰が批判できるのかということである。

ましてや、この国が素晴らしい国だといって、批判・更迭されるなんてのは、日本だけではないか。
事実、11月始め、田母神閣下に対する世論は、概ね好意的であったのに、それを悪しとしたのは、政府とマスコミだけだった。

そんなことも分からない麻生政権の支持率は、田母神閣下更迭日以降、どんどん下降していったのである。

総理と防衛大臣に猛省を促したい。

田母神閣下
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。