スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田母神氏と靖国へ

昭和27年4月28日は、日本が「主権を回復した日」(サンフランシスコ講和条約が発効)です。
即ち、終戦からその日までは、日本において戦争状態が継続していたことになるわけです。

当日4月28日午後6時から、九段会館において、超満員の聴衆を集めて「主権回復記念日国民集会」が開催されました。
その大会は4月28日を祝日にすることと、その日に首相の靖国参拝を求めることを主旨としています。

私は、大会に先立ち、演壇者の一人である田母神俊雄氏と全国草莽地方議員の有志と共に靖国昇殿参拝を行い、その後、食事懇談会をもちました。
懇談の中では、このブログでは書けない話(浜田防衛相の事等)で盛り上がり、いかに国民不在の政局で政治家が動いているか、義憤さえ感じざるを得ませんでした。

4月29日は昭和天皇の御生誕記念日であります。
4月28日、29日が昭和という近代日本を思い、先人に感謝をする日になることを切に願います。

田母神氏と靖国へ

主権回復国民集会



スポンサーサイト

一ヶ月ほどのご無沙汰でした

さて、久々のブログ更新です。

ここ一ヶ月ほど、色々なことがありました。
今も、色々な方々が私のブログを監視しているようですので・・・・
もう少し、落ち着いた気分になれば、ゆっくりと、回顧していきたいと思います。

ところで、
ブログは更新せずとも、コメントは更新されているという摩訶不思議。
コメント欄そのものの存続も、今後どうしようかと思っており、場合によってはコメント欄自体を削除するかもしれません。
・・・中には、私の支持者を装った、明らかに自民党?県議会議員と思われるような方々の投書も見られました。今後、何らかの形で氏名が判明した場合、公表させていただくつもりです。

さて、先日、ひょんなことから、鈴木宗男議員のパーティに行く機会がありました。
(自民党からは伊吹文明議員が駆けつけておられました)
久々に、素晴らしく、熱い熱い演説を聞いた気がします。もちろん、松山千春の「長い夜」もよかったですが・・・。
そして、帰りにもらった「汚名」という著書を読んで・・・これまた色々と考えさせられた次第です。
佐藤優の「国家の罠」といい、果たして国家権力とは何か、また、真の国益とは何なのか、政治家自身が改めて考え直すべき時がきているものと思います。

鈴木宗男と松山千春

汚名





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。