スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 タウンニュース社様へ

本日、新聞折込に入るタウンニュース青葉区版に、私は旗幟鮮明⑧を寄稿している。

字数にすれば約480文字、毎月一回、私の県政報告の一環として書いているものである。

さて、正直に言って、今回の旗幟鮮明⑧は非常に不満な内容である。おそらく、私の文章を読んだことがある人なら、少し変な感じがすると思う。

当初、私がタウンニュース社へ送った原稿と、実際に紙面に載った文章を以下に記す。

【最初の原稿】
先日、都内にて「日本防衛と憲法改正」というシンポジウムの総合司会を担当してきた。このシンポジウムは、特に沖縄に重点を置き、隣国中国との関係を多角的に分析するという点で非常に有意義なものであった。現在、沖縄においては国防という議論さえまともにできない状況に陥っており、それ故、中国からの様々な脅威に日本全体が晒されている。数年前、高校日本史教科書の沖縄集団自決の記載をめぐって左翼マスコミが事実に反する情報を垂れ流し、それを沖縄県の意思と喧伝していたが、結局のところ、米国による戦後の沖縄統治の情報操作として、日本軍=悪から沖縄が解放されたという歴史観と本土防衛の為の被害者意識が沖縄県民全体に植え付けられた事に全て端を発しているように思う。
今回のシンポジウムでは、閉会の挨拶を日本ウイグル協会会長のイリハム マハムティ氏にお願いした。ウイグルは60年前中国に侵略され、核実験被害の恐怖に今も怯え、つい最近も暴動が発生したばかりである。「日本の皆さんは、国が無くなってしまった民族の気持ちがわかりますか?」イリハム氏の言葉は、平和ボケの今の日本を痛烈に批判していた。


【タウンニュースに掲載された文章】
先日、都内にて「日本防衛と憲法改正」というシンポジウムの総合司会を担当してきた。これは、特に沖縄に重点を置き、隣国中国との関係を多角的に分析するという点で非常に有意義なものであった。現在、沖縄においては国防という議論さえまともにできない状況に陥っており、それ故、中国からの様々な脅威に日本全体が晒されている。数年前、高校日本史教科書の沖縄集団自決の記載をめぐって一部マスコミが事実に反すると思われる情報を垂れ流し、それを沖縄県の意思と喧伝していたが、結局のところ、米国による戦後の沖縄統治の情報操作として、日本軍=悪から沖縄が解放されたという歴史観と本土防衛の為の被害者意識が沖縄県民全体に植え付けられただろう事に全て端を発しているように思う。
今回のシンポジウムでは、閉会の挨拶を日本ウイグル協会会長のイリハム マハムティ氏にお願いした。ウイグルは60年前中国に侵略され、核実験被害の恐怖に今も怯え、つい最近も暴動が発生したばかりである。「日本の皆さんは、国が無くなってしまった民族の気持ちがわかりますか?」イリハム氏の言葉は、平和ボケの今の日本を痛烈に批判していた。


御覧の通り、要は断定的な言葉を回避して、文章が全体的におかしくなっている。
しかし今回は、印刷の締切り時間の都合上、仕方なく了承せざるを得なかった。

そもそも、タウンニュースに高額な掲載料を支払っているのは私の方であり、文章の間違いの修正は喜んで受け入れるが今回のような操作は不愉快極まりない。
読者からクレームを受けるのは私であって、当然、私はいつも信念を持って書いている。

さて、この程度の私の表現に怯えるタウンニュース社さんと、どう付き合っていこうかと、蒸し暑い夜に閉口しながら考えている。
スポンサーサイト

シンポジウムで司会を・・・

品川区荏原文化センターにて、「日本防衛と憲法改正」というシンポジウムの総合司会をやらせていただいた。
主催は、沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク。
今回は第二回目のシンポジウムで、前回の第一回目も私が総合司会を担当した。

ゲストは、沖縄問題の専門家であるジャーナリストの恵隆之介氏、中国軍事問題の第一人者である平松茂雄氏、そして、集団自決の調査をはじめ何度も沖縄に足を運んでいる埼玉県議会議員鈴木正人氏他。

沖縄では、歴史の真実はもとより、隣国中国の脅威さえ正確に沖縄県民に伝わっていない。
それは、沖縄タイムズ等左翼マスコミが毎日のように沖縄県民の被害者意識を煽るデタラメな報道ばかりしていることが一因。
また、本土の国民も、中国の東シナ海の軍事覇権活動を知らないばかりか、シーレーンの重要性、沖縄防衛の重要性を全く認識していない。

と、以上のようなことを前提に、非常に中身の濃い講演とパネルディスカッションが行われた。

そして、閉会の挨拶は、日本ウイグル協会会長イリハム・マハムティ氏。
先日、中国の圧政に対して民衆が蜂起したニュースがあったばかりであるが、イリハム氏は日本人の防衛意識の低さに疑問を呈していた。
「皆さんは、国を奪われた民族の気持ちがわかりますか?」
イリハム氏の言葉は重く胸に響いたが、ウイグルの人達は中国に自分の国を奪われたばかりか、無茶苦茶な核実験による放射能被害に現在苦しんでいる。

平和ボケした日本人、反日日本人、それから、日本は中国に悪いことばかりしたと言いふらしている日本人は、現在の中国におけるチベットやウイグルのことを、よーく勉強してください。

シンポジウム

こころの自由裁判

7月16日、横浜地裁にて「国旗国歌に対する忠誠義務不存在確認請求事件」の判決が下った。
(私も、傍聴しようと並んだが、倍率4倍と過去最高であり、抽選にもれてしまった)

4年程前から県立高校の教員ら135名(最終的には168名?)の原告側が、100人近い弁護団とともに「こころの自由裁判」と称して裁判を起こし、活動していたものだが、その判決は・・・結局、

「起立、斉唱は儀礼的行為。命令が発せられた場合には起立斉唱する義務を負う」として、原告側の訴えを棄却した。

当然といえば当然の判決であったが、原告側は、やはり控訴する模様だ。

実は、毎年、県議会の本会議質問において、私はこの問題を執拗に提起してきた。
それ故、光栄なことに、原告の訴状を見ると、私の名前と言動が2回ほど登場する。また、私はこれまでこの裁判のほとんどを傍聴してきたが、明らかに私のことを指す内容も法廷内で審議されていた。

東京都でも同様な裁判が行われているが、神奈川県との大きな相違点は、東京都の場合は不起立教員は厳正に処分を受けているが、神奈川県では不起立者の氏名収集は行って指導はするが処分なし、という点である。即ち、思想信条の自由を侵害されたという教員らは、何ら実質的損害は被っていない。まさに、国民の税金でイデオロギー闘争をやっているわけである。

こんな教師らは、公教育の現場からご退場願いたいと思うのは私だけではないだろう。
そして、そんなに、日本の国旗や国歌が嫌いなら、日本からも退場してもらいたい。

写真は、判決直後「不当判決」という垂れ幕を掲げる原告側代理人である。

国旗国歌裁判



靖国神社「みたままつり」

毎年、この時期、靖国神社で「みたままつり」が数日間開催される。

私も例年一回は行くようにしているが、今年は提灯に明かりが点る少し前の夕方に行った。

「みたままつり」は、東京の夏の風物詩であり、大小3万の提灯と参道いっぱいの夜店が来る者の心を楽しませてくれる。と、同時に、夥しい提灯の淡い光の行列が先人達への鎮魂の祈りとなる。

嬉しい事に今年は、本殿近くで、ある紳士然とした方から声をかけられ、聞けば、青葉区に御住まいで、タウン誌に掲載中の私のコラムの愛読者とのことであった。思わぬ激励をいただいた今年の「みたままつり」であり、まさに英霊のお導きのような気もした。

写真は、参道の風景、そして漫画家「小林よしのり氏」と漫才師「坂田利夫氏」作の懸雪洞(ぼんぼり)である。

今日も非常に暑い夏の夕刻であった。

みたままつり1

みたままつり2

みたままつり3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。