スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士総合火力演習


本日は、富士山の麓にある自衛隊「東富士演習場」にて、「富士総合火力演習」が行われた。

私も、本年度から自衛官募集相談員に就任したこともあり、地元の市が尾募集案内所の企画に参加し、初めて見学に行ってきた。結局、この日はバス2台、関係者90名ほどの参加だったが、私もバスの中で皆さんに紹介され挨拶もさせていただいた。
そして、現地では、異常にカンカン照りの夏空の下、2時間程の実弾演習を驚きと感謝の気持ちでじっくり見させていただいた。

様々なタイプの戦車、ヘリコプター、そしてF-2戦闘機、第一空挺団による降下訓練など、息つく暇もない、あっという間の2時間であったが、特に、90式戦車の実弾発射は、強烈な爆音と振動で、会場内の見学者からは驚きの声があがっていた。

今回の見学を通じて、自衛隊隊員の日々の訓練に対する敬意の念と、こういった実弾が実際の対人間に向かって使用されないようにするのが政治家の役目だいう想いも改めて感じた次第である。

日本の安全保障を考え、平和の有難さを実感した価値ある一日であった。

自衛隊1

自衛隊2

自衛隊3


スポンサーサイト

受動喫煙防止キャンペーン

本日は、横浜駅東口そごう前広場で、受動喫煙防止キャンペーンが開催された。

もちろん、キーワードは、「スモークフリー」・・・SMOKE(煙)から解放されること。
そして、キャラターは、「スワンゾウ」・・・SWAN(白鳥)と象をかけた言葉。

ゲストは、松沢知事を中心に、サッカー日本代表 横浜Fマリノス 中澤佑二選手
神奈川県医師会 羽鳥裕理事、国立がんセンター望月友美子先生。

さすがに、中澤選手の知名度は高く、多くの老若男女が集まり、イベントは盛り上がった。
また、こういう著名なスポーツ選手が、タバコの害や受動喫煙の害を公言していくことは、青少年に大変良い影響を与えるものと確信している。

これまで、色々とブログに書いてきたが、今年3月に県議会で可決したこの条例について、私には人一倍強い想いがある。それ故、来年4月の施行に向けて、私も極力、協力していきたい。

今回、この条例の周知とスモークフリー運動を展開していくために、「スモークフリー推進かながわ基金」「スモークフリー・サポーターズ・クラブ」が創設された。
是非、下記HPをご覧いただき、多くの方にサポーターになってもらいたいと思う。

http://www.smokefree-kanagawa.com

smokefree1

smokefree2

靖国神社にて

毎年、8月15日、党派を超えて、私は地方議員の同志達と靖国神社に参拝を行っている。

今年の8月15日は、昨日までの曇天が嘘のように、さわやかに熱い夏空が広がっていた。

そして今朝は、早々と小泉純一郎、安部晋三の元総理が参拝をされた。
しかし、逆に、麻生現総理は参拝せずと早々意思表示をされていた。

靖国神社を訪れた方々に伺うと、本日、もしも麻生総理が参拝されたなら、支持率は上がり、総選挙の流れに影響を与えたのではという意見が多かった。

・・・・私も、そう、思う。

靖国神社の問題は、完全なる国内問題であり、外国にとやかく言われる筋合いは無い。
A級戦犯合祀問題など無用な議論であり、新たな国立追悼施設など全く必要ない。
我々は、ただただ静かに、靖国で、日本の発展の礎となり犠牲となられた先人に対して感謝の祈りを捧げればよいのだ。

靖国神社に参拝もしない、できない、国会議員は、私は日本の政治家として認めない。

靖国1

靖国2

靖国3



崇徳天皇

先日、愛媛へ里帰りをしてきた。

私の故郷は四国中央市(旧伊予三島市)であり、ちょうど、香川、徳島、高知の県境に位置する。
(余談だが、神奈川県の地形は、非常に四国に似ていると思うのは私だけだろうか)

帰郷した際、私は必ず、ある場所へ行くことにしている。
それは、第75代崇徳天皇の白峯御陵。
四国八十八か所の第81番札所白峯寺(香川県)の脇にあり、静寂で山深い、ほとんど目立たない所にある。

瀬をはやみ、岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ

私が最も好きな歌が、崇徳天皇のこの有名な御製である。

こんな素晴らしい歌を詠まれる崇徳天皇だが、一方でその怨霊伝説でも有名。
旧皇族竹田恒泰氏が最近「怨霊になった天皇」を上梓したが、その本の中でも以下の事実が記載されている。
・・・孝明天皇は幕末の騒乱を、崇徳天皇の怨霊の仕業と信じた。
・・・明治天皇は崇徳天皇の御霊を鎮める神社を京都御所のすぐ近くに創建した。
・・・東京オリンピックの直前、昭和39年9月21日、第75代崇徳天皇の八百年式祭が讃岐の白峰御陵で行われ、昭和天皇は勅使を送った。

実は、写真の「血の宮」は、崇徳天皇が崩御され棺が置かれた場所に建てられた神社(高家神社)だが、当時、急に激しい雷雨が起こり、その棺から血が川のように流れ出てきたことに由来するらしい。


私は、いつも御陵に行くと、不思議な感覚に浸り、自分の運命や使命を静かに思い直している。

私のもっとも敬愛する天皇・・・それが崇徳天皇。


ところで、、、
讃岐といえば、さぬきうどん。
写真のうどんのお値段500円。言うまでもなく、味は値段以上である。

白峯御陵

血の宮

さぬきうどん

対馬視察

7月30日~8月1日まで、全国の地方議員の有志60人で長崎県対馬へ視察に赴いた。

対馬は国境の島。

現在、韓国資本による土地・建物の買収が進んでいる。対馬では、航空自衛隊の重要なレーダー基地の周辺が韓国の業者に買収され、日本の安全保障そのものが脅かされている。
対馬住民は、自衛隊周辺の土地の購入について、当初政府に打診していたが、結局購入に至らず、現在は韓国資本のリゾートホテル等が建っている。極めて、奇異な風景である。

こんなおかしな状況を憂い、私たち地方議員の有志達は、
国境離島等振興特別措置法のような法律の制定を国に訴えていくつもりだ。

写真(上)は、対馬で最も大きな神社 和多都美神社の絵馬に書かれているハングルである。
日本人が奉納している絵馬の裏や、その文字の上に、まるで馬鹿にしたように韓国人がハングルでこう書きなぐっている。

「竹島は韓国の領土」
「対馬は確実に韓国の領土」
「日本の天皇は韓国の子孫」


写真(中)は、韓国船の違法漁場操業の道具の残骸、韓国中国からの漂着ゴミの山。

写真(下)は、航空自衛隊の基地の視察風景・・・ちなみに、海栗はウニと読む。

日本政府は、領土の問題を蔑ろにするな!
国境や領土の問題に危機意識のない政治家は、この国に必要ない。


対馬1

対馬2

対馬3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。