スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル紀行(1)

私にとってイスラエルは、予ねてから、死ぬまでに一度は行ってみたかった国の一つであり、今回、思いがけず念願がかなった形となった。

4月15日。

大阪からの参加者が中心ということもあり、関空にいったん集合し、トルコ航空で22:30出発。

約13時間で、イスタンブールのアタトゥルク空港に到着。

飛行機を乗り換えて、イスラエルのテルアビブにあるベングリオン空港へ。

約2時間後、4月16日9:30頃到着。

まず向かった先は、カイザリア。使徒パウロがローマ宣教に旅立った所。目の前は、私にとって初めての地中海。

50年前に発掘されたばかりのローマ時代の円形劇場では、数日後の建国記念イベントに向けた子供たちのリハーサルが行われていた。

カイザリヤ1

カイザリヤ2

その後、聖書の預言にあるハルマゲドンの地といわれるメギドを通過。その近くの道路(下記写真)は、十字軍をはじめヨーロッパから中東へ抜ける際に多くの人々が数千年にわたって歩いた道。

メギド1

その後、マリアがイエスと暮らしていたナザレの街へ。
下記写真は、マリアが受胎告知を受けたと伝えられる洞窟の上に建つ受胎告知教会。

ナザレ1

ナザレ2

そして、ガリラヤ湖のあるチベリヤへ。湖の対岸の先には、シリアとの国境地域であるゴラン高原が広がっている。
ここはイエス伝道の始まりの地。


4月17日。

下記写真はホテルから見えた日の出。

チベリヤ1

そして、宣教の地、カペナウムへ。

チベリヤ2

その後、イエスが山上の垂訓を説いた丘へ。
山上の垂訓とは「心の貧しい人たちは幸いである。天国は彼らのものである」で始まる八つの垂訓のこと。

山上の垂訓1

現在、この丘には「山上の垂訓教会」が建っている。

山上の垂訓2

以下、次号へ。
スポンサーサイト

イスラエル訪問から帰国

本日、夕方、4月15日~24日にわたる、イスラエル国独立62周年祝賀訪問団の日程を終え、トルコ航空にて関空経由で無事帰国した。

素晴らしいメンバーと素晴らしい日程調整のおかげで、本当に私の人生の中でもべストの旅ができたと思う。

この9日間の内容があまりに濃いため、今日のところは、現在、日本国民からおそらく忘れられてしまっているだろう、ゴラン高原に派遣されている自衛隊の諸君を激励に訪れた時の写真をお見せしたいと思う。

彼らは、各人が日本を代表する気持ちを持ちながら、規律と誇りを持って任務にあたっている。
そして、実際に、各国部隊から高い評価を得ているのも事実だ。

写真の中心に座っておられるのは、今回の訪問団の代表である西村眞悟先生、そして右側が自衛隊ゴラン高原派遣輸送隊隊長の佐藤慎二3等陸佐である。

また、改めて、イスラエル訪問の報告をしていきたいと思う。

イスラエル

日本の子供の未来を・守る会 決起大会

本日は、渋谷ハチ公前広場で行われた「日本の子供の未来を・守る会」決起大会に、弁士として参加させていただいた。

日本の将来に危機感を感じ、そして、その思いを共有する普通の主婦達が横の連携を広げながら、当会は構成・発展しているが、まだ本年2月に発足したばかりにもかかわらず、北海道から鹿児島まで全国20以上の支部から主婦たちが渋谷に大集結して、各人が街宣車の上でストレートな気持ちを述べていた。

当会の当面の活動の主体は、「外国人参政権反対」「選択的夫婦別姓反対」等。

決起大会は午後5時半から6時半過ぎまで行われたが、帰宅ラッシュで、大勢の人々が日本一のスクランブル交差点を行き交う中、私自身も、思いの丈を皆さんに聞いてもらった。

また、今日は、私の他に、応援弁士として以下の政治家が登壇した。

    ①西川京子 前衆議院議員

    ②松浦芳子 杉並区議会議員

    ③古賀俊昭 東京都議会議員

普通の主婦達と全国の地方議員が手を組めば、非常に大きなパワーを産み出すことは間違いない、と私は思う。

お母さん達、今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

(上側の写真でマイクを握っているのが、北田智子代表。本日、福岡から駆けつけられた。)

shibuya1

shibuya2

騎虎で走る山谷えり子さんを励ます会

本日、グランドプリンスホテル赤坂において、山谷えり子参議院議員の政治資金パーティが開催された。

発起人は、安倍晋三元内閣総理大臣、他。

会場は、あふれんばかりの支持者で、熱気が充満しており、さすが、日本の教育改革や領土問題等をこれまで引っ張ってきた保守派の女性議員として、多くの関係団体から応援されているなと感じた次第である。

もちろん、私も山谷えり子応援団の一人であり、実は、5月8日(土)午後3時から青葉公会堂2階の大会議室で開催する「ちょっと過激な小島健一県政報告会」にゲストスピーカーとしておいでいただけることになっている。

お時間があれば、是非、ご参加いただきたい。

yamatani

全国禁煙推進地方議員連絡会第2回総会

本日は、大阪の「ホテル・アウィーナ大阪」において、全国禁煙推進地方議員連絡会第2回総会、および研修・勉強会が大阪府のNPO「健康と環境を良くする会」との共催で開催された。

記念講演は

①大島 明 先生 (日本禁煙推進医師歯科医師連盟会長)

②迫田 謙典 先生 ((株)国際興業大阪代表取締役社長) 
   ・・・大阪のタクシー業者で、ただ一社、禁煙化を実行している会社

大阪という地に関わらず、全国から多くの地方議員、勉強会参加者が駆けつけてくれた。

深謝。

tabaco

過去現在未来塾 発足 、そして、たちあがれ日本!

本日午後2時から、日比谷野外音楽堂にて、「過去現在未来塾」発足記念講演会が開催された。

塾長は、私の尊敬する「中山成彬」元文部科学大臣

司会は、西川京子前衆議院議員

その設立主旨は、

●我々は日本人としての誇りを持ち、優れた伝統と文化を紡いできた先人に感謝し、より良い国にして次世代に引き継ぐ責任を果たすことを目指して活動する。

●一人一人が日本民族の長い歴史の中の一存在であることを自覚し、激動する世界の中で日本の進むべき途を考えていく。

などなど、全文については、下記の水間氏のブログを参照願います。

http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/f3acde687957190fa1faa4f27ae2c928

私は、本日は観客として参加するつもりだったが、主催者側の御好意で控室に入れていただいた。
何と、そこには、私の最も尊敬する平沼赳夫先生が既にいらしており、恐縮しつつも、名刺交換をさせていただいた。
滅多に気後れしないつもりの私であるが、久々に緊張の極みであった。
しかも、平沼先生は、本日午後3時から、「たちあがれ日本」の新党結成の記者会見予定である、まさにその1時間前であって、歴史的な日にお会いできたことも尚更感激であった。

本日のゲストは、

①平沼赳夫先生

②与謝野馨先生(ふらっと、日比谷野外音楽堂にカメラを抱えてやってこられ、観客席に座ろうとされたのを舞台までお呼びし上がっていただいたようだ)

③中川義雄先生

④西尾幹二先生

⑤中山恭子先生

⑥田母神俊雄元航空幕僚長

⑦中川郁子 故中川昭一夫人

そして、主催者側としては

①中山成彬先生

②伊藤玲子先生

③土屋たかゆき東京都議会議員

④戸井田徹先生

他、多くの方々によって、本日の講演会が構成された。

ここ数日、マスコミは、平沼先生を始めとする新党メンバーの高年齢を殊更に指摘し、あたかもネガティブキャンペーンをはっているように私には思える。

体たらくのマスコミ、反日マスコミが、どれだけ、我が国の国益を損ねてきたのか?
すっかり老化してしまって、危機感や自覚を持つべきなのはどっちなのか?

そして、国民の良識が問われる時が今なのであり、「たちあがれ日本」の前に、まず、そのどうしようもない平和ボケから目覚めるべきは日本人そのものではないか。

kako1

kako2

kako3

桐蔭学園 入学式

本日は、桐蔭学園中学校女子部、高等学校女子部の入学式に参列した。

桐蔭学園は、私の住む青葉区にあり、文武両道を標榜する全国的に有名な進学校である。

巨人の高橋由伸や、俳優の織田裕二、漫画家やくみつる他多数を輩出。最近では水嶋ヒロも俳優として活躍がめざましい。

さらに、一方では某左翼系政党の党首の御子息も学んだという学校でもある。・・・それが、私には不思議でしょうがないのだが。。

なぜなら、桐蔭学園は、極めて、日本という国家を大事に思うようになる教育が行われているからだ。

その証左として、

当然ながら、入学式の式次第には「国歌斉唱」がきっちり位置付けられており、学園の管弦楽部の演奏をバックに、本当に今日も、大きなさわやかな声で合唱が行われていた。

まったく、昨日の県立高校とは雲泥の差である。

公立学校と私立学校・・・ともに、日本がもっと好きになるような教育を心がけてもらいたい。そうなるよう、私も教育正常化に向けて今後も努力していくつもりである。


toin1

おぉ。。桐蔭学園の駐輪場で見かけた無料自転車空気入れ
toin2


県立元石川高校入学式

本日は、県内の県立高校で一斉に入学式が挙行された。

青葉区には県立高校が3校あるが、今回、私は「元石川高校」の入学式に参列させていただいた。

7クラス266名の入学者数。全体的におとなしいという印象。それが決して悪いとは思わないが。。しかし。


私が深く関わっている県教委と教職員組合との間の「国旗国歌」についての裁判については、過去、このブログにおいて何回か触れているが、一応、現在では、すべての県立高校で式典の中できちんと位置付けられてはいる。

しかし、国歌斉唱の際は、残念ながら、どこの県立高校でも、声入りテープを流してお茶を濁しているような状態だ。そして、実際に歌っているのは、来賓席の一部の参列者位であり、おとなしい?生徒達からはほとんど歌声は聞こえてはこない。

やはり、国歌斉唱については、ピアノ伴奏するなり、生徒か先生が指揮をするなり、あるいは、サッカーの国際試合の時のように誰かが独唱してそれに同調するといった形の方が良いのではないか。

こういう式典での情けない国歌斉唱なんかは、余計に国歌に対してのイメージを悪くするだけだろう。

ちなみに、私が習っている詩吟の世界では、全ての大会において、最初に参加者全員による朗々とした国歌斉唱が行われる。腹の底から出る声による国歌斉唱は、本当に、感動的で素晴らしい。

motoishikawa


映画 「書道ガールズ」

私の生まれ故郷は、愛媛県四国中央市(旧伊予三島市)。

この街で、町興しの為に毎年行われている高校生の「書道パフォーマンス甲子園」という実話を元に、現在、日本テレビ全面バックアップで「書道ガールズ」という映画が制作されている。

公開は、5月15日から。

私は、四国中央市から「ふるさとアドバイザー」に任命されていることもあり、皆さんに、是非この映画を見ていただきたい。(ちなみに現在の市長は、私の小学校時代の同級生)

もちろん、映画のロケ地は、紙のまち「四国中央市」。
私の生まれ育った田舎がふんだんに登場する。
予告編を見ただけで、涙ボロボロである。

予告編は以下のHPでご覧いただけます。

http://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。