スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がん予防ワクチンについての一考察

子宮頸がん予防ワクチンについては、これまで、「青葉区随想」「旗幟鮮明」(HP参照)で私見を述べてきたが、振り返れば、

昨年後半から、急に、このワクチンが、女性週刊誌や、ワイドショー、さらには選挙のマニフェストで取り上げられ、現在では、国民の間で、かなりの認知度になっているように感じる。

しかしながら、実際は、このワクチンについて、今尚、かなりの誤解があるようで、最近、ようやく、地域の医師会等が、その誤解について、広報紙に載せるようになったばかりである。

さて、その大きな誤解とは

①このワクチン(サーバリックス)は、子宮頸がん発症の原因となるハイリスクのヒトパピローマウィルス(15種類)のうち、16型と18型の2種類に対するワクチンであり、その2種類の全体に占める割合は、日本人の場合60%(欧米では70%)に過ぎない。即ち、全ての発がんウィルスをカバーするものではないということ。
 また、ワクチンの有効期限は現時点では20年間と言われているが、製薬会社は6年余りしか保証していない

・・・・つまり、このワクチンを打てば、一生、子宮頸がんに罹らないというのは、間違い
    (ワクチン接種と定期的な婦人科検診がセットとして必要)


②性行為の経験がある女性(20歳以上)は、がん検診をして異常なしであることを確認してから打たなければ意味がない。即ち、すでにヒトパピローマウィルス(HPV)に感染している人には効果がない(むしろ危険である可能性がある)。


さて、私としては、それ以外に、「集団接種」と「副反応」「ワクチン行政」について述べたい。

③子宮頸がんの原因はHPVの感染であり、HPVは主に性行為によって感染する。従って、若年で、不特定多数の異性と性行為を繰り返せば、感染のリスクは当然上昇する。
現在、医学的には、性行為前の女子(11歳~14歳の処女)に対するワクチン接種が有効と、産婦人科学会や製薬会社が推奨しているが、保守政治家の立場で考えれば、まだ、つぼみの年齢と言っていい10代前半の女の子にこのワクチンの集団接種を行い、それを性行為開始の免罪符としようとする動きは、どう考えてもおかしい。以前にも書いたが、むしろ、正しい性教育(性道徳)と、婦人科検診の啓蒙こそを優先すべきだと思う。

④それから、ワクチンには、必ず、副反応(副作用)というものが付きものである。しかし、このワクチンについては、保護者に対して、効果の詳細と副作用について十分な情報が提供されているとは思われない。海外では、死亡例を始め、重篤な健康被害も報告されている。(まだ、製薬会社自体はそれを認めていないようであるが)

⑤日本では、副反応に関する補償制度が確立されておらず、もし、重篤な副反応が起こっても、十分な補償が受けられず、訴訟という手段しか残されていないという現実がある。即ち、日本のワクチン制度・行政というのは、様々な点で諸外国に比べて遅れており、公費助成する場合、費用対効果も含め、もっと多くのデータを収集する前提が必要であろう。

以上、色々と述べてきたが、現在の、盲従的な「子宮頸がん予防ワクチン推進運動」については、私自身、非常に危機感・恐怖感を感じている。

女性の命を守る為と言われると、我々、男性諸兄は唯唯諾諾と従いがちだが、一歩下がって、もうちょっと冷静に考える必要があるのではないか。


スポンサーサイト

日出づる国・日本へ(上・下)

過日、青葉区にお住まいの小澤政治氏が来訪され、新著を上梓されたとのご報告があった。

題名は、

日出づる国・日本へ(上)…大東亜戦争聖戦論
日出づる国・日本へ(下)…我ら父祖たちの名誉に賭けて


中々の大作であり、私も現在進行形で拝読中である。

購入は下記ホームページにて可能とのこと。

http://www.hiiduru.com/

私自身、「日出づる国」という言葉を、よく使う。まさに、ありがたい本である。

日出づる国

モーニングセミナーにて講師を・・・

本日は、朝6時半より、青葉区倫理法人会にて「イスラエル紀行」について講演。

去る4月15日~24日のイスラエル視察について、私自身が撮影した写真をプロジェクターで映しながら、皆さんに追体験してもらった。国内の大手旅行会社では、一切、ツアー企画していないイスラエルは、正に神秘と謎の国であろうと思う。

さて、ここのところ、新聞紙上では、イスラエル軍が、ガザ地区に救援物資を運んでいたトルコ人を殺害したことを非人道的と報道していたように思う。が、実際は、ちょっと状況が違うようである。

イスラエルの言い分は、これまでハマスの攻撃にもかかわらず十分な人道支援を行ってきたこと、十分な食料、医療機器、建築資材、電気の供給を行っており、救援物資の追加は全く必要ないレベルであること。

従って、他国からの無許可の救援物資運搬は、テロ関連と疑うに十分な根拠があること、などである。

私が実際にイスラエルに行って感じたことは、基本的に、パレスチナ人は、各国から援助を受けるために、常に虐げられた状況をアピールし続ける必要がある、従って、アラブ側の報道を一方的に鵜呑みにすることは間違いであるということである。

我々は、もっと冷静に、情報を分析していく必要があるだろう。

モーニングセミナー

参議院選挙を終えて

久々に梅雨らしい梅雨の真っただ中、熱い選挙がようやく終わった。

私としては、全面的に応援した「山谷えり子」先生が再選したことがまず素直に嬉しい。

(一方、尊敬する中山成彬先生がまたも苦杯をなめたことは、正直、残念で仕方ない気分だ)

さて、

神奈川選挙区では、現職閣僚の千葉景子法務大臣が落選し、もう一人の民主党候補である金子洋一氏が三位で当選。

千葉景子氏は、敗戦の弁の中で、

私のこれまでの活動、選挙戦での訴えに対して、もういいんじゃないかと有権者に判断された・・

とおっしゃっていた。

まさにその通りである!!

ちなみに、同じ民主党候補の、千葉景子氏と金子洋一氏の相違点、それは・・・

金子氏は、千葉法務大臣が熱心に推進しようとしていた「永住外国人に対する地方参政権付与」「選択的夫婦別姓のための民法改正案」に反対を表明していたことである。

神奈川の優良な保守層の多くは、鳩山・小沢民主党が出そうとしていたそれらの売国法案を潰すべく、昨年の秋から草の根運動を県内で精力的に展開し、私自身もあちらこちらで、「法案反対!民主党打倒!」の演説の手伝いをしてきた。
それ故、私の知人の中には、千葉氏落選のために、今回は敢えて、本心ではないが、みんなの党の中西けんじ氏に投票した人が多くいたのも事実だ。

しかし、どうやら、菅直人総理は、次の代表選まで、今回落選した千葉氏を大臣に据えるようである。が、そんな理不尽なことが納得できないのは私だけではないだろう。


さて、今回の選挙も、タレント候補がいつものように多数立候補していた。

その中で、極めて、私が疑問に感じたのは、谷亮子氏の高位当選である。

私は、この著名人の、軽薄で単調な言葉使いを聞いていると本当に目まいがしてくるのだが、国民の皆さんは私とはどうやら感覚が違うようだ。

それに、彼女が当選直後に書いた似顔絵には日の丸がきっちりと書かれていたが、民主党には、日の丸・君が代が大嫌いな議員がたくさんいることを谷亮子先生はご存じないのでしょうか。


写真は、選挙中に、横浜駅西口で見かけた共産党候補の応援演説風景である。
写真が不鮮明でわからないと思うが、街宣車の上には、共産党応援団として、キリスト教の牧師、浄土真宗僧侶、天理教所長、金比羅神社宮司などが宗教服に身を包んで立っている。
この光景を見て、政治家の中でも宗教に詳しいと自負している私は、しばし呆然となってしまった。
世も末か・・・。

共産党応援演説







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。