スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ日本!

3月23日


震災発生からこれまでの理不尽...(何故、理不尽かは、敢えて表記しませんが)
○震災発生翌日、突然、総理が東京電力福島第一原子力発電所を視察。

○中国、韓国からの救援隊だけを外務副大臣が羽田で御出迎え。一方、真っ先に救援を申し出た台湾からの救援隊は2日間待機させられる。

○災害ボランティア担当首相補佐官に辻元清美が任命される。

○節電啓発等担当大臣に蓮舫が任命される。

○大震災への対応強化のため、仙石由人民主党代表代行を官房副長官に起用


震災発生からこれまでの感動。。。
○自衛隊隊員達の懸命な災害救援作業

○米軍による「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」

○福島原発冷却に向けた、自衛隊や消防、警察等、公的任務に就く人々の献身と勇気の素晴らしさ

○被災地の方々の団結心と国民性の高さ

○天皇陛下の御言葉
 言葉の一つ一つが素晴らしい文章であり、最後は以下のように締めくくられております。

「被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、さまざまな形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者とともにそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。」


・・・私達は、この大震災を通じて、国民の団結、公の精神、家族や地域の絆の重要性と再生について、多くの事を現在学んでいると思います。今後、救助・救済の状況から、復旧・復興へ向けて日本が大きく変化(再生)していく中で、その一助となりたいと私自身強く思っています。

頑張れ日本!

頑張れ日本
スポンサーサイト

東日本大震災

3月15日(水)

3月11日午後2時46分。
三陸沖を震源地とするマグニチュード9.0という国内観測史上最大の地震が発生。
地震と津波によって岩手県や宮城県、福島県の沿岸部は、壊滅的な被害を受けました。
被災された方、避難所で不安な夜を余儀なくされている方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、
亡くなった方々へ 哀悼の意を表します。


被災から4日後、神奈川県においても「計画停電」の影響で、交通機関・ガソリンスタンド・コンビニ等々、まだまだ混乱が続いております。

さて、被災直後の救援は、自衛隊等の様々な装備・訓練を積んだプロの方々に任せるのが最良という想いと、我々に今出来ることは何かという想いから、本日、横浜駅西口にて「救援募金活動」を自民党神奈川県連として実施しました。

まだまだ交通機関が正常に稼働せず、通勤に御苦労されているだろう県民の皆さんから、非常に多くの善意をいただきました。

本当にありがとうございました。

がんばろう 日本!

募金

統一地方選挙に向けて事務所開設

3月5日(土)

快晴の下、神事及び事務所開きを行い、150名を超える皆様が、県下各地から駆け付けてくれた。

ここを拠点として、あと一カ月余りの戦いがいよいよ始まる。

ちなみに、従来の小島健一事務所に加えて、2軒隣りの空き店舗をお借りすることができたことは、本当に大家さんに感謝である。

開所式1

開所式2

県立高校の卒業式に出席

3月1日(火)

本日は、神奈川県立市ヶ尾高等学校の卒業式に出席した。

青葉区には県立高校が3校あり、卒業式が同日に挙行される為、どちらに行くか悩んだが、以前、市ヶ尾高校を訪問した際にピアノ伴奏で国歌斉唱をしますよと聞いていたこともあり、同校に行くこととした。

さすがに、横浜市内でも人気のある高校らしく、非常に落ち着いた静粛な式典であり、生徒のピアノ伴奏による国歌斉唱も、従来のテープを流すだけのものと比べて、非常に清々しく感じた。

一部の教師によるイデオロギー闘争が早期に集結し、これが当たり前の姿だと感じられる状況に早くなってもらいたいと願う。

市ヶ尾高校卒業式
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。