スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君が代」不起立情報収集訴訟の判決が出ました!

8月31日(水)

午後1時15分から、横浜地裁にて上記裁判の判決が下された。
(傍聴席29席について、89人が申込みを行ったため抽選となった。残念ながら私はハズレてしまったが)

これは、平成20年11月に、
「神奈川県教育委員会が県立高校の卒業式と入学式で君が代斉唱時に起立しなかった教職員の氏名を収集しているのは、県個人情報保護条例に違反する」などとして、
教職員ら27人が県を相手に、個人情報の破棄と1人当たり100万円の慰謝料の支払いなどを求めていた訴訟であった。

結局、横浜地裁(佐村浩之裁判長)は、教職員側の請求を棄却した。
神奈川県側の全面勝訴である!


 判決では、「不起立情報は、思想信条情報に当たる」とされたが、

「職務命令に反した違反事実についての情報で、正当な事務のためのものというほかない」とし、条例が保護の例外として認める要件に該当すると指摘。「県教委の判断は教職員の服務規律保持を担う行政機関として裁量内」と結論づけた。

 これまでの経過として、

県教委は、学習指導要領に基づく国旗掲揚・国歌斉唱の指導徹底を図るため、平成18年3月の卒業式から氏名収集を開始し、それに対して一部の教職員が個人情報の利用停止と消去を求めたが、県教委は認めず利用不停止決定を行った。

 しかし、その後、不思議なことに、教職員側の申し出で開かれた県個人情報保護審査会は、「氏名収集は条例で禁止されている思想信条情報の収集に該当し、不適当」とし、利用停止を答申。
県教委は収集した氏名をいったん破棄したものの、その後も、毅然と氏名収集を継続。そして平成22年にも同審査会が同様の答申をしていた。

 県教委は「学習指導要領に基づき国旗国歌を尊重する態度を身につけることは、学校教育で重要な意義を持つ」とし、卒業式や入学式の君が代斉唱の際、起立しなかった教職員の氏名収集と指導経過の記録を継続してきている。

私は、これまでの県教委の対応を非常に評価するものである。



スポンサーサイト

横田御夫妻との懇談会

8月30日(火)午後3時半~

「横浜情報文化センター」にて

「神奈川県」と「北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会」主催による

①黒岩知事と横田御夫妻の対談
②映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」上映会

が開催されたが、

それに先立ち、午後2時から、県庁内にて拉致議連の有志議員と横田御夫妻との懇談会が行われた。
(私は拉致議連の事務局長として司会進行を行った)
昨日の報道で、菅総理が、退任間際にもかかわらず、朝鮮学校への高校授業料の無償化適用手続きの再開を指示したことに対して、横田御夫妻も怒りを禁じえない様子であった。

ちなみに、現在、県会議員107人のうち、103人が拉致議連に参加している。

rachi1

rachi2

富士総合火力演習

8月25日(木)

自衛隊市ヶ尾募集案内所主催による「富士総合火力演習見学」に参加してきた。

早朝7時にバスにて地元を出発したが、天気は無情にも御殿場に近づくにつれ大雨。

しかし、さすが、自衛隊ということで、いかなる天候にも関わらず、火力演習は予定通り決行された。

ただ、さすがに、静岡県内で土砂崩れも発生するほどの大雨であったため、雨具は用意していたものの、私達も全員ずぶぬれ状態であった。

しかし、やはり、本物はすごいの一言である。

fuji1

fuji2

靖国神社参拝

8月15日(月)

66年目の終戦記念日。

私は、現在の日本の繁栄の礎を築いていただいた先人達に感謝し、その名誉を守るために、毎年、靖国神社に参拝している。

それにしても、今年も靖国は暑かった。

私は、

いつものように、「草莽全国地方議員の会」のメンバーとして朝9時から「のぼり旗」を持って行進、そして一回目の参拝。(50人以上の仲間が全国から今年も集まった)

そして、午前10時から日本会議のメンバーとして「昇殿参拝」

その後、毎年開催される「戦没者追悼中央国民集会」に参加。今年は、元海上保安庁保安官「一色正春」氏も登壇。

午後から、尊敬する西村眞悟先生の主催する会で、もう一度、昇殿参拝。

午後4時頃、九段下の交差点では、「反天皇・反靖国」を訴える反日左翼デモの連中に遭遇。
彼らは警察から守られてデモを行っていたが、彼らには、出来るなら、日本から即刻出ていっていただきたいと真剣に思った次第。

少なくとも、日本の政治家なら、靖国神社に参拝すべきだと、改めて感じた8月15日であった。

yasukuni1

yasukuni2




平成23年度 津波対策訓練

7月31日(日) 午前11時~12時

茅ヶ崎市の「サザンビーチちがさき」にて上記訓練が行われ、私も、防災警察常任委員会委員長として参加した。

主催は、神奈川県と茅ヶ崎市

東日本大震災後の県内での初の大規模な津波対策訓練であり、消防、警察、自衛隊、海上保安庁を始め、関連する41機関が参加・協力して開催された。

bousai1

bousai2

bousai3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。