スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

4月12日(土)13:00~

救う会神奈川(代表:川添友幸氏)主催により

神奈川労働プラザにて、上記集会が開催され、200名以上の参加者で会場は溢れんばかりとなった。

講演者は

①横田滋・早紀江ご夫妻

②黒坂真氏(大阪経済大学教授 救う会全国協議会元副会長)

③宮塚寿美子氏(明和大学大学院博士課程 北朝鮮学専攻)

特に、横田ご夫妻は、先月、モンゴルのウランバートルで、お孫さんであるウンギョンさんに面会されたこともあり、非常にその内容に注目が集まっていた。

滋さんのお話の中で、ウンギョンさんの子供(ひ孫)が来月1歳の誕生日を迎えるので、北朝鮮に来てくれませんかと言われたこと、ウンギョンさんに手紙を出したいので住所を教えてくれないかと聞いたが、やはり教えてくれなかったこと。。。

早紀江さんのお話の中では、やはり、来月の娘(ひ孫)の誕生日に北朝鮮に来てくださいと言われ、行けないのよと答えざるを得ない複雑な心境と、一方で、ウンギョンさんが滞在中、卵焼き・スープ・煮物など手料理を作って食べさせてくれた嬉しさを語っておられた。

最後の挨拶で、早紀江さんは、

「私達の願いは、略奪された子供を返してくれと言っているだけなのです」

と述べらたが、拉致被害者ご家族の平均年齢が86歳にもなっているという現状を考えれば考えるほど、

私達はもっと世論を高めていかなければならない。


rachishukai2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。