スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでいいのか日本 守れ!尖閣諸島 緊急集会

9月30日 午前11時より

衆議院第2議員会館にて、上記の集会が開催され、私も参加した。

主催は、

日本会議国会議員懇談会 、日本会議

最初に、それぞれの会長である、平沼赳夫衆議院議員と三好達元最高裁長官が挨拶。

次に、青山繁晴氏(独立総合研究所代表取締役社長 兼 主席研究員)が基調講演。

その後、各党代表から挨拶の後、

城内実衆議院議員が声明文を読み上げ、一時間半にわたる集会が終了した。

声明文は、午後から首相官邸に届けるとのこと。


今回、テレビでお馴染の青山氏の講演を初めて聴いたが、実にわかりやすく、独自の取材に基づいた素晴らしい話であった。

特に、

中国人の船長を釈放した那覇地検は、検事総長の支持の下、上意下達で、ただ文章を読まされただけであり、少なくとも今回の釈放については、那覇地検や福岡高検の多くの検事が反対していた、と

また、

昨今の中国の尖閣諸島、韓国の竹島、ロシアの北方領土の領有権主張は、資源問題が絡んでおり、それも、石油や天然ガスという資源ではなく、「メタンハイドレート」という新資源獲得に対する戦略が根底にあるのだ、と。

日本は、実は、この新しい次世代資源の資源大国なのである!と。

青山氏は、約45分間の講演であったが、今後の日中関係を考える上で非常に参考になった。と同時に、もっと聴きたいと思ったのが本音である。

尖閣緊急集会





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。