スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHO神戸センター ジェイコブ所長とランチを・・・

本日は、WHO神戸センターのジェイコブ所長が、神奈川県の「受動喫煙防止条例」制定応援のためにわざわざ知事を訪ねて来られたと聞き、私自身も直接お話がしたいと思い、所長が知事と面談を終えた後に、せっかくの機会でもあるので、県庁12階の食堂でランチをご一緒した。

所長はインド出身のドクターであり、アメリカやアフリカなど世界各地で活動をしてきた一流の医学博士である。
余談だが、私が、マハトマ・ガンジーと、東京裁判で日本無罪論を唯一人述べられたパール博士を非常に尊敬していると話すと大きく頷いておられた。

さて、世界の禁煙法に関する所長の話の中で、ニューヨーク市の事例が印象に残った。
2000年頃、ニューヨーク市長がタバコ規制を初めて実行しようとした時、やはり飲食店や喫煙者から、当初、反対意見が多かった。しかし、何よりも健康が優先されるということで実施に踏み切り、確かに最初は売上げが落ちた店もあったようだが、その後、市民の意識も変化しはじめ、間もなく売上げは回復、現在は総じて施行前よりも売上げは増加したとのこと。
そして、2007年の調査では、条例施行により、成人の喫煙者が21%減少し、10代の若者の喫煙にいたっては50%減少したとのこと。結局、この条例により、喫煙者を30万人減らし、10万人の死を救済したことになるという。

その後、ニューヨーク市のタバコ規制が順調に実施されたことを受けて、今度は、ニューヨーク州が法規制を行うようになっていったのだということ。
結論としては、是非、神奈川県からこの条例を発信して全国に影響を与えてもらいたいということであった。

さて、
先日、神奈川県医師会を始めとする神奈川県医療関係5団体から、この条例を原案の通り可決して欲しいという要望書が全議員に届いた。私にとっては、非常に大きな後押しのように感じられたが、是非5団体からの声に多くの議員が耳を傾けるべきだろう。

健康が何よりも優先される社会へ・・・、

私は、この理念こそが最も大事だと考えてきたし、これからも、あらゆる議論の場で、発言していくつもりだ。

WHO神戸ジェイコブ所長


スポンサーサイト

コメント

No title

まず生活があってこそですよ。
経営悪化で私が飲食店をリストラされたら、あなたは仕事を見つけてくれますか?世の中はそんなに単純ではないのですよ。無責任は発言はやめてください。

No title

空言や無責任な発言ではなく、政治家としての発言ですので、撤回するつもりは全くありません。
ともかくご意見ありがとうございます。

No title

侮辱する気は全くありません。ただ議員さんには正直に庶民の気持ちを知っていただきたいだけです。「政治家」というのはもっと独立した力強い存在です。あなたはまだ県議会の一議員に過ぎず、駆け出しです。失礼ではあるが、今のあなたが誰のおかげで存在しているのかもっとよく理解すべきです。あなたに「自民党」という看板が無ければ、議員にはなれなかったでしょう。大きなことを言われるのであれば、それだけの実力を蓄えてからにするべきですよ。あなたはまだお若い。もっと視野を広く、そして様々な人の立場を考え、先輩達の話をよく聞き、より大きく育ってください。その若さで凝り固まっているようでは、先がない。独りでやれるというなら、自民党を出ておやりなさい。

No title

かつて、日本はイケイケどんどんで、公害をまき散らしながら多くの命を
犠牲にしてきた。

エネルギ-革新で、石炭から石油へと 大きな産業構造の転換を果たし、
同時に、就労者の転移を経験してきた。

農林省がパラグアイから移入したハ-ブ、Steviaの葉から取れる
砂糖の300倍の甘さという低カロリ-甘味料が出現すると、
既存産業を保護せんと、政府も、業界も、難癖つけてこれを妨害した。
世界的に安全性が認証され動き出したのが、2005年とか。
沖縄の砂糖きび畑は、早晩ステビア栽培に替わってゆくだろう。
すでにミャンマ-の黄金の三角地帯では 転換が進んでいる。


30.年経てば、社会構造は、新たに替わらざるわらざるを得ない。

原始的で、野蛮で、エネルギ-効率最悪の内燃機関、
自動車産業も 技術転換が生き残る 術となる。

新陳代謝は 政治にも必須でしょう。

禁煙条例はいづれ、社会に大きな利益をもたらす。

禁煙支持者が7割を越す、民意に
反旗を翻して、 既得権益者の傀儡となる如き
代議士や政党は
旧来の精糖産業を同じ運命を辿るだろう。

新たなパラダイムシフトに備え
自己革新できないものは いづれ 滅びてゆく。

若い政治家 大いに結構 
妨害政党に存在価値は無い。

禁煙の流れは 止めようがない。
火山に蓋などできないのと 同じである。

No title

おそらく、政治関係者様のご意見ありがとうございます。

自民党が間違っており、先輩議員の考えが間違っているならば、それに意見し、修正していくのが私の役目だとも思っております。何でも、長老の方に唯々諾々とすることこそがおかしいことです。

世論を十分に受け止めて、これからもやってまいります。

それから、私に文句があるなら、名前を出して、堂々とおっしゃってください。

No title

ソラごと様へ
自分は最下層の庶民ですが小島県議の事を駆け出しとは思いませんしこの様な考え方を持った方が自民党に存在できるのであればまだまだ自民党も捨てたものではないなと思います。ソラごと様は小島県議に対してずいぶん上から目線でコメントをされていらっしゃいますがレスの流れからして自民党の上層部の方ですか?ちなみに小島県議の選挙区である青葉区は自民の看板だけで当選できる場所では無いと思いますが、、、、

No title

繰り返しますが、侮辱する気は全くありませんし、「文句を言う」のではないです。また上から目線でもないです。誹謗はおやめ下さい。長老に従えとも言ってません。ご自分の主張は結構なことでしょう。
しかし、結果論ですが、あなたは最終的な合意案に賛成なさるのでしょう?政治家であるなら、こうした結末を常に思い描きながら、関係者に思いをはせ、謙虚な言動を心がけてください。あなたの単独行動は少し目に余るものがあったのではないですか?あなたを応援する人々を困惑させませんでしたか?冷静さと中庸の精神、そして想像力を働かせ、「独り相撲」にならないようにして下さい。仲間や支持者があってこその政治家です。
私はあなたに投票した人間です。単にたばこ問題だけをもって「支持しているフリをしている無関係なヨソ者たち」とは違います。
>ソラごと様へ
他人のブログ上で無関係な者同士が議論することは「人間としてのマナーに欠ける」と思いますので、無視させていただきます。

No title

ソラゴトさんの意見に全面賛成ではありませんが、一言。
日本国には尊重すべき伝統があります。
自由民主党にも長い歴史と伝統があります。
温故知新の精神でよく学び、バランスを養ってください。
そして決して極端な勢力、過激な勢力、偏った勢力とは付き合わないことです。
また、ご自分の意見ではなく、様々な立場の人の意見をよく聴き、施策の優先度も考えて行動すべきでしょう。
わが国は急激な変革を嫌います。ある総理大臣も、一時的に「構造改革」を訴えて人気を博しましたが、結局は今、ハケンなどの非正規雇用労働者の激増を招き、ハケン切りなどの深刻な問題を生じています。
政治には必ず光と影があります。
今回の条例が過激な案になればなるほど、受動喫煙でイヤな思いをする人は減りますが、一方では、経営に悪い影響が出る店が増えることも否定できないでしょう。
自民党が自民党たりうるのは、単なる多数決で決めないからです。様々な意見を集約して、現在の神奈川県で、どのような形が最もバランスが良いのかよく検討し、より穏健で混乱の少ない条例案になったのではないかと思います。
知事が主張していた全面禁煙条例になっていたら、どのように恐ろしい混乱が生じていたことでしょう。県はフォローできたと思いますか?
愛すべきは人々の日々の平穏な生活です。
まず食べて生きていかねばならないのであるから、経済対策を優先的に行うべきでしょう。飲食店の禁煙は、それほど「強く」改善を願っていない住民が圧倒的多数だというのも事実でしょう。条例関係のアンケートでは、施策の優先順位までは聞いていないのが実情です。
いずれにせよ、良い条例案が出来たのですから、これ以上、妙な団体の人たち(よそ者ですか)、と付き合わないようにしてください。
そして、県がきちんと説明責任を果たしていくのかどうか、見極め、議員としてチェックを行い、また商工常任委員長として、経済的な悪影響が出ないように努めることです。
あなたの議員としての責任は、まずは、住民の平穏な暮らしを守ることです。

No title

最近のコメントを読ませていただくと皆さんは小島健一氏を去勢したがっていらっしゃるのでしょうか?要は『空気を読め、バランスを考えろ』とおっしゃってるのですよね。自民党の中ではどうなのかは全然わかりませんが急激な改革も結構じゃないですか。上記の元総理も首相にしたいランキング1位ですしね。吉田猫次郎という多重債務返済相談のプロがいらして『会社を倒産させても自己破産しても生きていれば必ず明日は来る!』と書いておりました。お金があっても不健康では働けません。県民の健康を考えるのは大事な事だと思います。
また、急激な改革が必要か否かは選挙で有権者が選択すれば良い事だと思います。松沢県知事にしても小島県議にしてもそんな政治信条は必要ないと有権者に判断されれば票が得られない ただそれだけの事だと思います。
3

No title

私達は先生を応援し支持してきた存在です。喫煙規制そのものよりも、知事のマニフェストに明記されていた「助成制度」すらまともに引き出せなかった自民党を不甲斐なく感じております。私達は生活がかかっています。
小島議員に迷惑がかかるので、これ以上、何も申しません。今後は何も語りませんし、意見もしません。それでは、小島先生、お元気で。
なお、先生以外に充てた内容を書くことは、あまりにも不見識なので常識を心得た方は謹んでください。ここは他人が議論する場ではありませんので。先生のためにも、常識を弁えて行動するようお願いしておきたいと思います。

No title

私も主張を変える気はありませんが、小島先生に迷惑をかけるのでこれを最後に失礼します。やはりまず生活が成り立たなければ健康を語ることすら出来ません。「妨害政党に存在価値は無い。」と言う極端な方もいるようですが、私らにとってはつつましい生活を条例に妨害された感覚です。 100年に一度の不況下です。規制をやるのであれば、最低限、私らの生活を保障してほしい。公害はあくまで発生原因者が裁かれるものです。現在の社会情勢では、お客様に灰皿を要求されれば断ることなど出来ません。また喫煙が法律で許されているものである限り、受動喫煙問題はなくなりません。政治家には、まずキャンペーン活動により禁煙を積極的に進めるようにお願いします。規制はその後です。嫌煙家の現場離れした主張は、ソラごとにしか聞こえないのです。先生や嫌煙家は、まずご自分で飲食店を回って喫煙者を注意するぐらいの行動を起こしてください。
最後に。
にわか支持者(おそらく大半は青葉区外の者でしょう)を大事にするか、昔から支援してきた人たちを大事にするか、結論は見えているはずですが、これ以上は何も申しません。

No title

店舗の全面禁煙に対しての意見が飛び交っておりますが、一言書き込ませていただきます。
ソラごとさんの言う店舗の営業権が脅かされるとの恐れも理解できます。
しかし、一方で嫌煙者は、タバコでいやな思いをした店には2度と足を向けないだけです。今でも禁煙店を歌ってご商売しているお店も沢山あります。各々のお店の判断と思いますが、タバコを嫌う方の気持ちも考える必要があると思いますよ、特に子供達が入店できるお店、混雑をする時間帯等は配慮すべきと思います。

例えば、昼食時の1時間もタバコを我慢できないのであれば、それは病気の一種でしょう。
NYの例を出されていましたが、私も小島県議の意見に賛成です。一時期に売り上げが落ちるかもしれませんが、タバコのことを云々言う前に、ビジネスとしてお店の魅力UPが優先のように思います。

No title

初めまして。条例には反対しません、親類の喫茶店が規制対象外になったから。今は100年に1回の不景気という感覚は本当ですよ。皆財布のひもが固い、零細飲食店の半分は来月の借金が返せるかどうかで日々悩んでいる状態だそうです。その店は以前禁煙にしたが、客足が半減し、一度閉店。心ある方々の支援で喫煙可にして再出発したら、最近は歩行喫煙が後ろめたいからか、店内で一服する客が増えているそうだ。でも11時から14時は禁煙。
ど素人さんに言っておくが、喫煙の影響を語ることは良いが、お店の魅力がどうとか、現実も知らない人が彼らの営業に対して軽口を叩くのはやめて欲しい。自分で経営してごらんなさい。どれほど大変なことか。小島先生も飲食店や喫茶店を開いてみたら分かるのではないですか。

「健康が何よりも優先される社会へ」

最近は、コーヒーショップや居酒屋でも禁煙のところが出てきています。
私はタバコは吸わないので、禁煙のお店を選んで入ったりするようになりました。最近は、企業も禁煙室を設けるなど健康に対する配慮を行うところが出てきています。そうした意味で社員の健康や職場の働きやすい環境が整えられてきています。政治家は「生活」というスローガンを掲げる政党もありますが、政治家が国民、県民、市民の健康を考えるという取り組みは非常に大切だことだと感じます。日本国民の健康を守るための先駆的な活動、小島議員、がんばってください。

No title

私は、他区の人間ですので、単純に参考意見として下さい。
禁煙のお店が増えていることは大変に結構なことだと感じていますし、私自信も店内は禁煙としていますが、条例などによる強制ではなく、経営者が自ら判断して踏み切ることが何よりも大切だと思います。自由主義社会における経営は自己責任です。しかし、従業者の生活なども考えると、経済的支援や社会的関心を高めることが必要であることもまた事実と思います。
喫煙者がいる限りは受動喫煙問題はなくなりません。何より今回の条例が、権力者側が取り締まりを行う体制を整えず、施設管理者に喫煙者への注意義務まで負わせている点は、大きな間違いであると感じます。
簡単に民間に責任転嫁して尻拭いさせるのではなく、権力者側がきちんと実効性をあげるように努力してください。全ての経営者が安心して禁煙に踏み込める社会づくりがまず必要なのです。

「雰囲気づくりをぜひ」

条例には基本賛成します。しかし本来法律でやるべきもので、自治体の事務ではありません。先進的な?知事の思いは理解しますが、政治家が自分の地域の住民を混乱させるのは基本的には間違いです。某新聞に書かれていたように「言論の力で国を動かすべき」でしょう。
条例に賛成している人に多い勘違いが、店が自分から禁煙にするような環境づくり、仕組みづくりという方法論を一切考えず、とにかく規制されればいい、受動喫煙が無くなりさえすれば強制手段で構わないという安易さが見えます。
しかし、それはそれとして、条例が出来た以上、小島先生には、県議会議員として、経営者が禁煙に踏み切りやすいような環境づくりをいっそう進める責任があります。まずは喫煙者へのマナーアップキャンペーン。受動喫煙の被害の告知活動。それから違反喫煙者から過料を取る体制の整備。30人ではいくらなんでも県内の経営者に失礼でしょう。店側が自主的に禁煙にしたのなら誰も文句は言いませんが、条例で決めたのです。県が責任を持って実効を確保するべきです。
条例の実効があがりますよう、どうぞよろしくお願いします。

No title

>ビジネスとしてお店の魅力UPが優先のように思います。
他人の生活・経営に、よそ者が口出しをすべきではありませんね。たまたま自分が住む地域の政治家の為政により、自分や家族が路頭に迷ったときに、あなたは飢え死にする家族を前に「自分の魅力がないからだ」と反省できるような高潔な人格者なのですか?

No title

失業と飢え死には異なります。

職を失っても、家業が立ちゆかなくなっても、五体満足ならば人間いくらでもやり直しはききます。
しかし、資本となる健康な体を失ってしまったら、そのときは同時に失業も伴いますし、本当に飢え死にに近づきます。

今、職を失い苦しい生活をしている人はたくさんいますが、その中でも、もっとも厳しい状況に置かれているのが、健康上の問題を抱えている人です。
私もかつてそういう事態におちいって、ようやく復活しました。
今の日本、どんなに金がなくても生きてはいけます。
しかし、健康をうしなった人間は、同時に生活も失って、死んでしまうしかなくなるのです。

生活あっての健康、ではなく、健康あっての生活です。

No title

飲食店の受動喫煙で生活できないほど健康を害したお客さんが本当にたくさんいるのですか?
今、経済情勢が厳しい中、規制をどうしても急ぐ必要があるのですか?
国がやろうとしている最中に、なかば無理に先にやろうとするのは何故ですか?
県(議員も)はこれまで受動喫煙問題についての啓発活動をどれほど熱心にやってきたというのですか?
生活と健康のどちらが大事かという議論は誰もしていませんけど。
ソラゴトさんにとっては、まず生活だと言っているに過ぎないですよね。
人それぞれの立場が違うのに必ず健康の方が大事だと断言できるのはおかしいのではないですか。
なぜ根拠もなくそれほど自信に満ち溢れた「自分が正義だ」みたいな投稿をするのですか。理解できません。
最後に、ここは議員のブログなので、議員に向けた意見以外はやめましょうね、皆さん。

生活と健康のどちらが大事かなんて 議論する必要あるの? 病気では失業しちゃうよ タバコが吸えないだけで集客減なら それは商売が下手なだけっしょ?

No title

生活と健康のどちらが大事という議論をしているのは一部の現実を見ない空想主義者の人です。それぞれが考えることであり他人が決めることではありません。
なお、商売は立地の影響なども大きく、喫煙者が多い工場労働者などが多い地域では一律禁止は死活問題となりかねません。以前にも書いたのですが、禁煙推進こそが大事なのであって、受動喫煙規制は問題のすり替えだと思います。
ところで、わざと「商売が下手」などと挑発して相手の気持ちを踏みにじるような書き込みをするのは、人としてマナーが欠けると思います。
そうした行動は、抵抗感を高め、社会の禁煙化を遅らせる原因になります。
私は、禁煙を推進するためにも、冷静な対応を呼びかけます。

No title

小島県議に向けたコメント以外は上から目線でしかられてしまいますので
県議に向けましてコメントです。便所の落書きですがこんなスレッドがありました。ttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1239332294/
これからもがんばって下さい

No title

小島先生
2chラーだけは絶対に相手にしない方がいいと思いますよ。
健常な人間が見るところではありません。
さて、私は、次は国を動かす番だと思います。
先生の次なる行動をぜひ発表してください。

No title

小島先生のちょっと面白い活躍ぶりは新聞でも見ています。
ただし、私も、2チャンネルを勧めるような人は相手にしない方がいいと思います。
国で規制をするのが一番。これからが楽しみです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。