スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「太陽経済かながわ会議」を傍聴

6月26日(日)

横浜そごうの9Fにある「新都市ホール」にて

神奈川県太陽経済を進める実行委員会主催の上記イベントが開催された。

副題は

「~今、始まる。ソーラー革命!~」

第1部と第2部があったが、私は第1部の方だけ傍聴した。

式次第は以下の通り。

①実行委員会挨拶  黒岩祐治(神奈川県知事)
          山崎養世(一般社団法人太陽経済の会 代表理事)

②挨拶 持田文男(神奈川県議会議長)

③ビデオメッセージ 中曽根康弘(元内閣総理大臣)

⑤飛び入り挨拶 鹿野道彦 (農水大臣)

⑥特別セッション テーマ「太陽経済が日本を救う」

  コーディネーター  黒岩佑治
   出  演     小宮山宏(三菱総合研究所理事長)
            孫正義 (ソフトバンク代表取締役社長)
            南川秀樹(環境事務次官)
            山崎養世       
 

私としては、各人の言説を全て信用し賛同することはできないが、非常に勉強になった公開セミナーではあった。

その中でも、かつて、日本の原発事業を推進させた中心人物である元勲中曽根氏が黒岩知事のインタビューに応じ、「太陽エネルギーへの転換は文明進歩の証であり、太陽国家を目指すことは素晴らしい!」と絶賛していたことと、孫正義氏の饒舌なカリスマ性には、驚き、圧倒される想いがした。

孫正義

太陽経済シンポ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。