スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致問題地方議会全国協議会

10月26日(水)午後2時より

都道府県会館にて、上記協議会が開催された。

要は、全国の都道府県の拉致議連の幹事会であるが、本日、新会長に神奈川県議会議員である松田良昭氏、幹事長に竹内英明氏、事務局長に不肖、私が就任することとなった。

当協議会は小泉訪朝の平成14年に発足。
以来、地方議会が結束して拉致問題を解決する場として機能してきたが、実は、未だに13県においては、拉致議連が結成されていない。
新体制としての今後の課題は、全国47都道府県全てに拉致議連を結成させ、真に国民の総意として、拉致問題解決のための活動をしていくことと思っている。

議事の中で、「家族会」と「救う会」から、各自治体で現在問題となっている朝鮮学校補助金に関連して

「朝鮮学校への公金補助中止を求める要請書」を受領し、全会一致で活動方針に組み入れた。

当日、研修会講師として、御講演いただいた平沼赳夫先生は、米国や北朝鮮との交渉の裏話しを交えながら

日本が安全と平和を自らの力で担保できる体制を作っていくこと」の重要性を説かれ、私も全くその通りと思った次第である。

下記写真は新会長の松田会長
rachigiren1

rachigiren2
スポンサーサイト

コメント

No title

本日、11月1日付の産経新聞の神奈川版で、「学校推薦図書の見直し」について小島議員の活動を知り、ブログに訪問させて頂きました。
先日も神奈川県の朝鮮学校への補助金問題が報道されて、絶望にも似た感がありましたので、このような県議がいらっしゃることに希望の光を得た思いです。(民主党政治には辟易しています)
様々な圧力があると思いますが、神奈川県民、日本国民のためにご活躍ください。

No title

ありがとうございます。

実は、同日の産経記事にある朝鮮学校補助金問題についても私が追及したものです。
さて、御参考までに、新聞記事では載ってなかった推薦図書名は下記の通りです。ひどいです、これは。。

①もっと知ろう北朝鮮 (ユン・コンチャ  岩波ジュニア新書)
②「大東亜」戦争を知ってますか (倉沢愛子 講談社現代新書)
③帝国を壊すために‐戦争と正義をめぐるエッセイ
        (アルンダティ・ロイ著 本橋哲也訳 岩波新書)
④イスラームの日常世界 (片倉もとこ 岩波新書)
⑤中国の旅 (本多勝一 朝日新聞社)
⑥聞き書き ある憲兵の記録 (朝日新聞山形支局)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。