スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国中央市ふるさとアドバイザー会議

2月7日(火)午後7時より

平河町の都市センターホテルにて、上記会議が開催され、私もメンバーの一人として参加した。

当日は、愛媛の四国中央市から、井原市長も来京され、20名以上のアドバイザーが集合した。
このふるさとアドバイザーは、マスコミ、産業界、芸術、政治家、大学、官公庁等、様々な分野で活躍する四国中央市出身の方々が市から委嘱を受けて、意見・助言を行うシステムになっている。

ちなみに四国中央市には、先頃、違う意味で有名になった大王製紙の本社や、ユニチャームの本社があり、映画にもなった「書道パフォーマンス甲子園」発祥の地でもある。

下記の写真は井原市長と、ネットで有名になり注文しても半年以上待たなければならない菓子「霧の森大福」。

iharatakumi

kirinomoridaifuku


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。