スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の大切な先輩達

平成20年も色々ありました。

思うに・・・

一つの大きなニュースがマスコミを賑わしても、一ヶ月もしないうちに次の大きなニュースへと話題は移り・・・つまりは、国民は過剰なほどの情報に流され、一方でそれに伴う忘却の風が社会を席巻してしまっていると思うわけです。平成20年、色々あり過ぎました。おそらく、多くの人は、今年起きた大きな事件の大半を忘れてしまっているのではないでしょうか。

社会は急激に変化しつつも、お陰様で、私には尊敬する先輩がたくさんおり、私の日々の活動はしっかりと地に足が着いたものとなっていると信じてます。

今年の9月、日教組批判を信念を曲げず貫いた中山成彬先生、同じく、全国で一番激しく日教組と戦い続けてこられた伊藤玲子先生、このお二人の存在なしに、私の神奈川県における教育正常化活動はありえません。
尊敬するお二人と、去る8月に友人の披露宴でご一緒したときの写真です。
尊敬するお二人と・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。