スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の教育を考える神奈川県民集会

本日、県民ホールを満員にして、日本の教育を考える神奈川県民集会が開催され、私も最前列で参加させていただいた。

講師は、小林正先生、山谷えり子議員、義家弘介議員、伊藤玲子先生、中山成彬議員。
全員が私の教育関係の師匠と言っていい方々である。

目の覚める話を色々と拝聴し、是非とも、県議会でも引用、あるいは提案させていただきたいと思う内容ばかりだった。

とにもかくにも、先日、「教育の政治的中立はありえない」とノタマった日教組出身の輿石議員が権力を握っている民主党に、黙って政権を引き渡すわけにはいかない、と思いを強くした次第である。そして、そういう教育基本法を無視したような、問題発言を行った輿石議員に対して全く批判を加えず、ニュースとして取り上げようともしなかったマスコミもどうかしている、と、、、皆さんも思いませんか?

小林正

山谷えり子

義家弘介

伊藤玲子

中山成彬
スポンサーサイト

コメント

公立の教員の政治活動の罰則化

ヤンキー先生が座長の公立の教員の政治活動の罰則化ワーキングチームに
ついて質問させていただきます。
政治的中立を求めるなら、当然、自民党の支持者である公立の教員が
自民党議員の活動に参加したり、選挙応援をした場合も罰則の対象になりますよね?
義家議員を支持したい公立の教員がいた場合、一切の政治活動選挙応援活動は
できないということになりますよね?したらお縄ちょうだいするわけですから。
そこのところはどうお考えでしょうか?
義家議員のHPで質問しようと思ったのですが、コメント欄がないので、
義家議員を「師匠」と仰がれている小島議員ならば、何かお考えがあると思い
こちらで質問させていただきました。
ご返答、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。