スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界ウイグル会議 第四回総会

5月14日(月)10:00~

 憲政記念館において、上記総会が開催された。

中国からの執拗な妨害工作に負けず、この日本において、世界ウイグル会議が無事に開催されたことは、かろうじて日本が中国の属国ではないことを世界に示したのではないかと思う。
もっとも、現在、訪中している野田総理は、日本におけるウイグル会議開催のせいで、胡錦濤に個別会談を拒否されたようだが。。。

 総会では、ラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁の力強いスピーチの後、国内外の来賓達の挨拶が続いた。

日本の国会議員としては、平沼赳夫氏を始めとして、ウイグル国会議員連盟を結成した古屋圭司氏(会長)、衛藤晟一氏、下村博文氏、高市早苗氏らが参加。
また、日本の識者・文化人として多くの著名人が参加していたが、その中でも、櫻井よしこ氏が素晴らしい挨拶をされた。
海外からは、イタリアやトルコ共和国の国会議員、アメリカの支援団体の代表者他、多くの方々が来日されていた。
私自身も、世界ウイグル会議から総会参加依頼が前々から届いており、さらに、この総会に合わせて、同志の地方議員で「日本ウイグル地方議員連盟」を結成したこともあって、本日は議連の副会長の立場で喜んで参加させていただいた。

ウイグルについて考える時、中国の見解そのままに、野田総理も妥協したところの「ウイグル問題は中国の内政問題」というのではなく、それはまさに地球上の大きな人権問題だと認識する必要がある。

これからも、日本ウイグル協会のイリハム氏を応援しながら、ウイグルの為に、地方議員として、日本人として、出来ることを行っていきたい。

(ラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁)
20120514ウイグル1

(平沼赳夫先生)
20120514ウイグル2

(古屋圭司先生)
20120514ウイグル3


(Senator Marco Perduca イタリア共和国 上議院議員)
20120514ウイグル4

(靖国神社にて:日本ウイグル地方議員連盟のメンバー)
20120514ウイグル5

(靖国神社参拝後、ラビア総裁を囲んで)
20120514ウイグル6

(個人的にも良き友人である、日本ウイグル協会会長イリハム氏)
20120514ウイグル7
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【世界ウイグル会議 第四回総会】

5月14日(月)10:00~ 憲政記念館において、上記総会が開催された。中国からの執拗な妨害工作に負けず、この日本において、世界ウイグル会議が無事に開催されたことは、かろうじて日本が中国の属国ではないことを世界に示したのではないかと思う。もっとも、現在?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。