スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな手紙が届きました・・

現在、毎月一回、「タウンニュース」と「あおばタイムズ」にコラム(県政報告)を投稿しているが、先日、下記のような差出人不明の手紙が届いた。

小島批判文

私は、主義主張をはっきり述べるようにしているので、読者の賛否が明確に分かれるのは仕方がないことだが、匿名での批判文は正直、不愉快である。この手紙の文字と内容を見る限り、極めて教養の高い方だと推測でき、改めて青葉区民の知的レベルには感服する。実際、青葉区では九条の会?の方々も、しょっちゅう駅前で街頭活動もしているし、朝日新聞の購読率も横浜一の地域であるし・・つまりは、そういう方々とは根本的に私は思想信条が相容れないわけであって、私はそれはそれで仕方のないことだと思っている。

ただ、敢えてこの手紙に反論すると、丸山眞男や加藤周一の本を読めば、北朝鮮の拉致問題を解決するヒントが見つかるのか?、日本が中国に媚びへつらって属国にでもなれば、中国が我々の言う事を聞いてくれるのか?あるいは、日米安保体制を無視すれば解決に近づくのか?・・・

それから、私は「将来国会を目指している・・」とは一言も発言したこともなく・・
「田母神氏の影響を受けて・・」というよりは、師であり、同士だと思っている。

最後に、今回のタウンニュースの文章を下記に掲載するので、是非お読みください。
私は、当然、北朝鮮に対しては、「ぶん殴るぞ」という気概が日本人として必要だと現在も思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旗 幟 鮮 明 ⑥

神奈川県議会議員 小島健一


 4月の弾道ミサイル発射に続き、5月25日、北朝鮮が2回目の核実験を行った。正に、ならず者国家の所業という他ないが、平成18年のテポドン2号発射と第1回目の核実験実施以降、日本政府は北朝鮮籍の全船舶の入港禁止と全品目の輸入禁止という経済制裁を今日まで行っている。北朝鮮の動向は直接日本の安全保障に関わる問題であり、当然、さらなる国際的制裁が必要だと私も思う。現在、私は神奈川県議会の拉致議連事務局長の任にあるが、映画上映等啓発活動を議会としても行ってきた。拉致問題は国の専管事項ではあるが、重大な国際的人権問題として我々地方議員もしっかり認識を持つ必要があるだろう。
昭和52年、日本赤軍によるダッカ・ハイジャック事件が起きた時、時の総理は「人命は地球よりも重い」と、6人の仲間を解放、600万ドルの大金まで支払った。そして、その一ヵ月半後、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致され、多くの日本人が被害に遭い続けた。平成14年の小泉訪朝で5人が帰国した以外は何ら進展がない現実を見るにつけ、田母神氏が言うように「ぶん殴るぞ」という気概が私達には必要ではないだろうか。




スポンサーサイト

コメント

No title

では、ぶん殴るぞという気概だけで拉致問題は解決するのでしょうか?
小泉元首相はぶん殴るぞの気概だけで、5人の拉致被害者を帰国させることが
できたのですか?
ぶん殴るぞの脅しで、もし、日本国内に危害が加えられるようなことが起きたら
あなたは政治家としてどう責任を取るおつもりでしょう?

No title

いつも過激なブログを楽しく拝見しております。
草食系男子という言葉は最近のはやりですが最近の外交問題をみても同じように感じております。太平洋戦争終結から既に64年が過ぎ全てとは申しませんが政治家や国民は事なかれ主義になり、じっとしていれば嵐は過ぎ去る。先送りにしてしまえば自分の責任では無いという考えで敵性国家を刺激せず自国民を誘拐されてもテポドンさえ飛んでこなければ取り敢えず現状維持を望む草食系議員、国民が存在します。旧ブッシュ政権の様な武力で全てを押さえ込む事が良いとは決して思いませんが日本人としての誇りを持ち恒久的な平和を望む日本国ではるけれども愛すべき国土、国民を守るためであれば『ぶん殴るぞ!』という気概を持っている田母神閣下や小島議員の様な方は必要だと思います。これからも頑張ってください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。