スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像とシンポジウムで語る北朝鮮の拉致・人権問題のフェア

7月16日(月)祝日13:00~

横浜情報文化センター 情文ホールにて上記イベントが開催された。

13:00~15:00
(1)映画「クロッシング」の上映会

  脱北者、北朝鮮の収容所等を描いた非常にリアルな映画。私自身は、何度見ても、涙無くしては見れない。
  願わくば、監督にはハッピーエンドにして欲しかった。


15:15~16:40
(2)シンポジウム「拉致・特定失踪者・北朝鮮の人権問題にどう取り組むか?」
  <パネリスト>
  土井香苗さん(国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)
  加藤博さん (北朝鮮難民救援基金理事長)
  村尾建兒さん(特定失踪者問題調査会理事)
  金子洋一参議院議員 (国会拉致議連事務局次長)
  川添友幸さん  (救う会神奈川代表)


 私自身も、神奈川県議会拉致議連を代表して挨拶をさせていただいたが、非常に、内容の濃い有意義なシンポジウムであったと思う。
  

rachishuukai
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。