スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「基地外」は差別語か?

私に対する非難が「基地外」という言葉の使用が原因であるから、
いくつか、「基地外」の実際の使用例を列挙してみたい。
(もっとも、左翼マスコミの皆さんは、私に対して悪意をもって「きちがい」や「キチガイ」という表記をわざとしていますが。。)

(1)ニュース映像で流れた画像

韓国軍

(2)横田基地内で撮られた画像

横田基地


(3)平成28年5月27日 読売オンラインで流れたニュース

読売オンライン


(4)沖縄県選出の糸数慶子先生による質問主意書(平成24年11月6日付け)
  「米兵の性暴力・犯罪の対策等に関する質問主意書」の中の質問項目二

糸数慶子

今回、沖縄県選出の糸数慶子国会議員が普通に公式文章の中で使用しているのを見て、私は安心した次第である。
糸数先生が使って問題ないなら、私が批判を受ける理由もないだろう。

それとも、沖縄タイムスなら、ひょっとして、

「在日米軍の兵士による性犯罪等の凶悪事件を撲滅するには深夜の外出禁止措置では効果がなく、全米兵のキチガイ行動を禁止するしかないと考える。米兵のキチガイ行動の禁止に対する日本政府の見解を示されたい。」

というふうに、カタカナで書くつもりだろうか。

是非、教えてもらいたいものだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。