スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社にて

毎年、8月15日、党派を超えて、私は地方議員の同志達と靖国神社に参拝を行っている。

今年の8月15日は、昨日までの曇天が嘘のように、さわやかに熱い夏空が広がっていた。

そして今朝は、早々と小泉純一郎、安部晋三の元総理が参拝をされた。
しかし、逆に、麻生現総理は参拝せずと早々意思表示をされていた。

靖国神社を訪れた方々に伺うと、本日、もしも麻生総理が参拝されたなら、支持率は上がり、総選挙の流れに影響を与えたのではという意見が多かった。

・・・・私も、そう、思う。

靖国神社の問題は、完全なる国内問題であり、外国にとやかく言われる筋合いは無い。
A級戦犯合祀問題など無用な議論であり、新たな国立追悼施設など全く必要ない。
我々は、ただただ静かに、靖国で、日本の発展の礎となり犠牲となられた先人に対して感謝の祈りを捧げればよいのだ。

靖国神社に参拝もしない、できない、国会議員は、私は日本の政治家として認めない。

靖国1

靖国2

靖国3



スポンサーサイト

コメント

御霊への拝礼

そう、靖国の事を諸外国にとやかく言われる筋合いは全くない。だかと言って参拝しない弱腰で政治ができるのか!?(怒)
8月15日の終戦は日本に残る歴史であり、その戦争で亡くなられた御霊の敬意と感謝をする事に、何を躊躇う?・・・・小島さん、継続して頂きたい。強く希望します。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。