スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊敬する稲田朋美先生

本日、グランドヒル市ヶ谷にて、立て直そう日本・女性塾主催で稲田朋美先生祝賀会と研修会が開催された。

私は、小泉チルドレンと称された4年前の郵政選挙で当選した衆議院議員の中で、稲田朋美先生を最も尊敬していた。

御承知の方も多いかもしれないが、中国の南京大虐殺記念館のデタラメな写真掲示の中の最たるものとして、「向井、野田両将校による百人斬り写真」がある。そのご遺族が朝日新聞や本多勝一に対して名誉回復の為に起こしたいわゆる「百人斬り訴訟」の原告側弁護士として、稲田先生は議員になる前、最後まで命がけで戦っておられた。

私は、真正保守の稲田朋美先生が、自民党の中枢で活躍してくれれば、自民党は再び誇りを取り戻し再生できるものと期待している。

同じ弁護士出身女性政治家といっても、千葉景子法相や福島瑞穂少子化担当相とは180度、稲田朋美先生は中身が違うのである。

稲田朋美
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。