スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉台にて街宣活動、そしてウィグル人の自由のために

本日は、午後1時半より、青葉台駅前にて、外国人参政権に反対する街頭活動に参加。

今回は、11月29日に続いて、青葉台駅前では2回目となるが、

どちらも手弁当で集まった憂国の草莽たちが、チラシ配りと署名活動を行っている。

私自身も、マイク持参の上、民主党小沢幹事長を中心として来年の通常国会で成立させようとしているこの法案の危険性を訴えさせていただいた。

政党がどうのこうのという以前に、この明らかに憲法違反の、危険極まりない法案を、良識ある国民が団結して潰さなければならない。

そして決して、民主党政権の数の論理で可決へと押し切らせてはならない、と、日々、想いが強くなっていく気がする。



また、今日は、昼前に、日本ウイグル協会のイリハム マハムティ会長から急遽電話があった。

内容は、カンボジアの国連難民事務所に先月駆け込んだ亡命を望むウィグル人22名が、習近平副主席のカンボジア訪問に合わせるかのように突如、中国へ強制送還されそうであり、日本の外交ルートを通じて何とか助けてくれないかとのことだった。
御承知の通り、習近平副主席とは、5日前に来日し、民主党小沢幹事長のごり押しで、天皇陛下と会見した人物であって、かって、ウィグル人弾圧に深く関わっていた、ウィグルにとって曰く付きの人物でもある。

私は、某国会議員に、直ぐにこの話をつなぎ、夕方、イリハム氏とも実際に会い、詳細を伺った。

チベットとウィグルの問題は、国際的な人権侵害問題として、もっとマスコミも政治家も声をあげるべきではないか。

外国人参政権反対






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。