スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀信念

新しい年になった。

昨年は、不吉な皆既日食とリンクするかのように政権交代が行われ、良くも悪くも変化の始まった年であった。

さて、今年はどうなるのか。

とにもかくにも、この日出国を解体させてはならないことが第一である。


昨晩、華やかなNHK紅白歌合戦の裏番組で、TOKYO MXテレビが大晦日特番「如何にせん保守政治」を放送していた。

テーマは「ニッポンの保守どうする~保守の再興は如何にして可能か~」

出演者は、西部邁、秋山祐徳太子、安倍晋三平沼赳夫、野田毅、西田昌司(敬称略)

久々に一流の保守論客の放談を聞いていて、胸がスーッとした大晦日であった。
・・・ちなみに、今の民主党は、「友愛」を掲げていたフランス革命時のジャコバン派そっくりであり、小沢一郎は反対派を次々と粛清していったロベスピエールだ!といったような面白い例え連発でもあった。

早々に、民主党は「永住外国人の地方参政権付与法案」をおそらく出してくるだろうが、今こそ、国民と保守政治家が手を結び、この法案を何としても潰さなくてはならない。

そして、願わくは今年こそ、平沼先生と安倍先生が中心となって保守による政界再編を実現してほしいと想った、元旦の朝であった。

写真は、近所の田んぼから見えた初日の出である

2010初日の出
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。
毎日の政治活動、ありがとうございます。
外国人参政権は、何が何でも阻止しなくてはいけません。
先生、これは地方自治の問題ですので、ぜひとも阻止に尽力をされますよう、お願いします。
各地の地方議会で、反対の決議案が採択されています。
神奈川でも採択されればよいのですが・・・。
私たち国民も先生のような議員を応援します。
がんばってください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。