スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人参政権についての勉強会

本日、県庁内において、百地章日本大学法学部教授を招いて「外国人参政権問題についての勉強会」が開催された。

既に先月、横浜市議会でも同教授をお呼びして勉強会が開催され、私自身も参加していたが、今回は、県内の保守系地方議員達にも声をかけ、参加者も予想以上に多く、中身の濃い充実した勉強会となったと思う。

さて、百地先生の話の中で、「朝日新聞」の様子がいつもと違う!というのがあった。
現在、読売産経が外国人参政権に反対の立場で社説を書いているが、いつもなら、ここぞとばかりに賛成の立場で論説するはずの朝日が、反対の意見書を出した全国の地方議会の動きを一面で報じるなど、何となく消極さが目につくといった状況なのだ。つまりはそれが、今後、我々に有利に働いていくのではないかと考えられる。

写真は、本日の百地教授。と、昨日、観戦した大相撲の様子。ちょうど、魁皇の新記録に立ち会えて私は幸運だった。
さらに大相撲観戦後は、北の湖部屋に行き、親方と一緒に「ちゃんこ」を食させていただいた。満腹。

尚、去る11日の、横浜駅西口でのデモの模様が、草莽全国地方議員の会のHPに掲載されているので参照願いたい。

http://www.soumou.net/

百地教授

相撲1
相撲4
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。