スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまプラーザ駅前街宣とイリハム マハムティ氏

本日は、山下正人市会議員と、地元・県内有志の皆さんとで、たまプラーザにて「外国人参政権反対」街宣活動を行った。

実は、今朝出席した某会合で、未だに小沢一郎に対する期待や幻想を語る方が多いのに驚き、非常に意気消沈していたのだが、たまプラ駅前で漸く真の日本人たる方々の熱い想いに触れて、元気を取り戻した次第である。

そして今日も、1000枚のチラシはあっという間に無くなってしまい、署名も次々に集まった。
本当に毎日毎日、反応が良くなっているという実感がある。
もちろん、私たちとは反対の意見を持つ方もおり、捨て台詞を言って去っていく場合もあるが、圧倒的に私たちを激励してくれる割合の方が多い。

さて、今日は、思いがけず、世界ウィグル会議日本代表のイリハム マハムティ氏から電話があり、たまプラ駅前まで私に会いに来てくれた。
それで、今回、昨年7月5日の中国によるウィグル虐殺事件についての本を上梓したとのことで、自身の著書をいただいた。

「7.5ウィグル虐殺の真実 ウルムチで起こったことは、日本でも起きる」(宝島社)680円

是非とも、お買い求めいただき、ウィグルの真実の声を聞いてください。

たまプラ街宣1

イリハム氏著書


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。