スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び外国人参政権問題について

衆院予算委員会にて小池百合子議員が、永住外国人選挙権問題を取り上げた。


(小池議員)
大学入試センター試験で最高裁は永住外国人への地方参政権付与が憲法上禁止されていないとしている、とする解答が正しいことになっている。不適切だ。

(川端文部科学相)
センター試験の問題は、大学入試センターが高校の学習内容を踏まえ、専門委員の問題作成を経て専門的見地から作成している。特段問題があるとは認識していない

(小池議員)
永住外国人選挙権付与法案にどう対応するか。

(亀井金融相)
国民新党は(選挙権)付与に反対だし、私も反対だ。

この永住外国人選挙権問題というのが、高校の学習内容から遥かに逸脱しているのは誰が考えても明らかだ。川端氏は何と愚かな答弁をしたものかと正直呆れてしまった。
また、亀井氏は色々と毀誉褒貶はあろうが、この問題においては、与党の立場の中で踏ん張っていただきたいと願う。

この小池議員の質問部分は、私がめずらしく、たまたま見ていた、夜のNHKニュースでちょっとだけだが取り上げていた。が、一方、テレビ朝日の報道ステーションは、やはりといっていいか、一切報じていなかったように思う。

また、この日、夜の9時台だったと思うが、MXテレビにチャンネルを変えると、外国人3人が、外国人参政権問題について討論していて、それが面白くて、ついつい見入ってしまった。

3人のうち、韓国人の男性は(反対)を表明、残りのベルギー人とアメリカ人は(?)という意見を述べ、いずれにしろ、こんな法律は時期尚早だと、全員が明確に述べていた。

つまり、彼らの意見を要約するとこうだ。

①日本のことは日本人が決めるべき

②グローバル化は大事でも、この事だけは別問題

③政治家の座席確保のために、小沢さんに利用されてはダメです


彼らは極めて、まともなご意見を述べていて、私も、こういう人達になら参政権を与えてもいいのではないかと、逆に思った次第だ。

今後、国民世論が盛り上がり、やはり、おかしいのは、小沢民主党の偉い人達とその子分達だけということになるはずだし、そうなるよう私も頑張っていきたい。

外人1

外人2

外人3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。