スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞記者への苦言

神奈川県では、県立高校の教員等135名が100人近い共産党系の大弁護団を引き連れて、神奈川県に対して、卒業式入学式の国旗掲揚・国歌斉唱時に起立しないでもよいことを認めろ!という裁判を(横浜地裁では棄却され、その後東京高裁へ控訴)起こして現在係争中である。

そして、それと同時に、県教育委員会が入学式・卒業式に不起立教員の氏名収集している行為は違法だという裁判も現在並行して起こしている。

必然的といっていいが、神奈川県としては、氏名収集について、「県個人情報保護審査会」に答申を求めた。

その結果、な、何と、その審査会は、「氏名収集で得た情報は、県個人情報保護条例で原則取扱い禁止とされている思想信条に該当する情報」と判断し、氏名収集はダメだと答申をしてきたのだ。

・・・・・もう、呆れるしかない。

そもそも、その審査会のメンバーを任命したのは松沢知事なのだが、知事自身は君が代不起立・氏名収集について、

「教育委員会が不起立で問題となっている教職員を指導するのは当然。指導のために必要な情報として氏名を把握するのは理解できる」とコメント。

県教育委員会も引き続き、答申を無視して、毅然と氏名収集を継続していくようだ。

是非、私も県教委を応援したいし、引き続き、学校の中のガンを除去していって欲しいと願う。

実は、ここで、私が問題にしたいのは、このニュースが出た1月22日、24日において、神奈川新聞、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、読売新聞が、どれも大きく報道しているのに、、、ただ一社、産経新聞だけは、22日も24日も一切報じていないのだ。

これは、どういうことだ!??

本来なら、産経新聞こそが県教委を応援するくらいの記事を記載すべきなのに、カスってもいない。

これは記者の怠慢ではないか!

非常に腹が立ったので、今回は、敢えて苦言を申しあげることにした。

写真は先日の国民集会の正面からのカットである。熱気を感じていただければと思う。

国民集会



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。