スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和懐古

先日、学生時代(正確に言うと浪人時代)の友人と数年ぶりに、三鷹で懇親会を行った。

友人達の了解を得ているので、敢えて写真を掲載させていただく。

彼らにしてみれば、学生時代、内向きな性格であった私が、現在、政治家となって駅前で演説している姿は、やはり想像できなかったらしい。しかも、こんなに愛国者になっていようとは。。


写真左側は高知出身の伊藤氏、右側が富山出身の本木監督。
二人とも海外駐在や留学の経験がある。

本木監督は、松竹の映画監督で、代表作として、「釣りバカ日誌」「ゲゲゲの鬼太郎」「犬と私の10の約束」「鴨川ホルモー」などがある。

皆、幅広い人脈を有していることもあり、今回のアメリカのトヨタ叩きに際してのアメリカ駐在トヨタ社員の奮闘ぶりや、韓国サムソン電子発展の秘密、映画制作の裏話など、話題に事欠かなかった。

ちなみに、僕らの出会いは、昭和の時代、「亀有」にあった浪人生専門の寮、その名は朋友学生寮。
そこで過ごした一年間は、あまりにも面白く、刺激的だった。


浪人学生友人


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。