スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受動喫煙防止条例について

これまで暖かいコメントをいただいた皆様、本当にありがとうございます。
大変、自分自身の励みになりました。

しかしながら、諸般の事情により、2月16日時点で、これまで掲載のブログ文章は削除することとなりました。

この件についてのお問い合わせは、直接下記HP経由でメールをいただければと思います。
(私のHPは、まだまだ工事中が多いですがご了承ください)

http://www.kojima-kenichi.com/


小島健一 拝





スポンサーサイト

コメント

No title

私は小島議員の姿勢に最大限の敬意を表するとともに、その活動を全面的に支持します。
ちなみに私は自民党支持者ではありませんし、議員の選挙区の者ではありません。

がんばれ!小島先生

私はタバコは吸いません。しかし、喫煙者のタバコを吸う権利も理解できます。
でも、タバコの煙を吸いたくない方の気持ちは自民党控え室の愛煙家はご理解されているのでしょうか?
食事をしている時に、隣から煙が流れてくると、本当に不快になり、気持ちが悪くなります。いやな方に煙を強要する権利はない筈です。
まづは、自民党控え室を分煙にすべきで無いですか?
自由民主党は最も、国民・県民目線の政党と思っていますが、控え室すら分煙になっていない現状に失望します。

自民党そのものは応援しないわけではありませんが・・・

自民党は県民の大多数を敵に回し、県議会第一党であることを進んで放棄するということなんですかね~。
国政の定額給付金のような感じに見えます。

自民党はKYですね

あらすかさんおっしゃるように、受動喫煙対策を求める世論が多数の現状で、しかも、自民党支持率が低迷している現状で、この条例に反対するとは、自ら次期選挙に向けての落選運動をしているとしか思えないですね。

それでこそ県民を守れます。

小島先生、がんばれ! 受動喫煙は迷惑どころではなく、危険きわまりないのです。ことは、生死にかかわります。小島先生になら、私たちの健康を預けることができると信じております。

あいたくちが ふながらない ゾンビの如き古い自民党

煙草は 海外では通用しない 野蛮きわまりない行為
宗教を持たない者が人間扱いされないのと同様ぞ!

自殺行為は自分の部屋だけにしなさい。
県議会も県庁も自民党控え室も 県民の税金によるものぞ、
サイレントマジョリティはいつまでもサイレントではない。

我が愛する大川隆法、幸福の科学総裁。我が主は「 煙草は大麻・麻薬の類と同じである」旨、十数年前にお説き下さっています。喫煙者には、「汝自らと同胞を傷つけるな」「タバコの麻薬的中毒性を知れ」「汝中毒患者よ、生活を悔い改めよ」と導かれている様に、私には思えます。
我が主を、主と仰ぐ者は、日本のみなならず、世界に燎原の火の如くひろがりつつあります。

古い自民党よ、邪教の票をいつまであてにするのか、自浄作用すらないのか。


神奈川県横浜市在住 1951年生まれ ♂ 会社員 
 喫煙歴9年 禁煙歴28年・・・☆肉体年齢40歳、情熱年齢20歳☆

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。