スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去現在未来塾 発足 、そして、たちあがれ日本!

本日午後2時から、日比谷野外音楽堂にて、「過去現在未来塾」発足記念講演会が開催された。

塾長は、私の尊敬する「中山成彬」元文部科学大臣

司会は、西川京子前衆議院議員

その設立主旨は、

●我々は日本人としての誇りを持ち、優れた伝統と文化を紡いできた先人に感謝し、より良い国にして次世代に引き継ぐ責任を果たすことを目指して活動する。

●一人一人が日本民族の長い歴史の中の一存在であることを自覚し、激動する世界の中で日本の進むべき途を考えていく。

などなど、全文については、下記の水間氏のブログを参照願います。

http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/f3acde687957190fa1faa4f27ae2c928

私は、本日は観客として参加するつもりだったが、主催者側の御好意で控室に入れていただいた。
何と、そこには、私の最も尊敬する平沼赳夫先生が既にいらしており、恐縮しつつも、名刺交換をさせていただいた。
滅多に気後れしないつもりの私であるが、久々に緊張の極みであった。
しかも、平沼先生は、本日午後3時から、「たちあがれ日本」の新党結成の記者会見予定である、まさにその1時間前であって、歴史的な日にお会いできたことも尚更感激であった。

本日のゲストは、

①平沼赳夫先生

②与謝野馨先生(ふらっと、日比谷野外音楽堂にカメラを抱えてやってこられ、観客席に座ろうとされたのを舞台までお呼びし上がっていただいたようだ)

③中川義雄先生

④西尾幹二先生

⑤中山恭子先生

⑥田母神俊雄元航空幕僚長

⑦中川郁子 故中川昭一夫人

そして、主催者側としては

①中山成彬先生

②伊藤玲子先生

③土屋たかゆき東京都議会議員

④戸井田徹先生

他、多くの方々によって、本日の講演会が構成された。

ここ数日、マスコミは、平沼先生を始めとする新党メンバーの高年齢を殊更に指摘し、あたかもネガティブキャンペーンをはっているように私には思える。

体たらくのマスコミ、反日マスコミが、どれだけ、我が国の国益を損ねてきたのか?
すっかり老化してしまって、危機感や自覚を持つべきなのはどっちなのか?

そして、国民の良識が問われる時が今なのであり、「たちあがれ日本」の前に、まず、そのどうしようもない平和ボケから目覚めるべきは日本人そのものではないか。

kako1

kako2

kako3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。